2013年06月18日

レジスタンスでは「性暴力」は生まれません

2013.6.18

レジスタンスでは「性暴力」は生まれません


戦争には「性暴力」がつきもの、といわれています。

しかし、その戦争は侵略戦争であり、レジスタンス・解放闘争では「性暴力」は生まれません。

なぜならレジスタンスは自国内の男と女が全力で協力しあうからです。

韓国軍兵士もベトナムの地で「性暴力」を行った、と聞いています。

しかし、これは過去の日本兵と同様、侵略軍兵士として戦地に送られたからです。

侵略兵士の仕事は「他国人を殺すこと」が目的です。

それゆえ、人間しかできない「仕事の持つ尊い役割をすでに失っています」。

ここに「性暴力・戦争犯罪」をおかす根源があります。

 埼玉県平和資料館を考える会 石垣敏夫

-----------------
以上、転載

太田光征


posted by 風の人 at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。