2007年03月21日

一本化するなら政策協定が先決だ

櫻井 智志

私も浅野史郎氏を支持はする。

しかし、吉田候補が堂々と共産党の支持のもとに、
護憲と福祉の旗印を掲げて果敢に論戦を挑み多くの
都民に情熱的に訴え続けることで闘うことは、
「共産党が日本の軍国主義化に手を貸した」という
ことになるだろうか?

私はちよっと違うと思う。
真正面から石原反動都政に挑み闘うことで、次の都
政がよりまともになる。

本当は浅野吉田一本化が望ましいが、政策協定もな
くて吉田辞退となれば、浅野知事が誕生した後に、
石原慎太郎氏よりもいっそう酷い一部の民主党都連
のネオコン路線に毅然とした対応はできず、ずるず
ると「改革」派という名の反動派にひきずられてい
くだろう。

政策協定なしの吉田辞退は、本質を見誤った数合わ
せでしかない。
必要なのは、政策協定だ。それができなければ、
吉田候補の闘いがあるから、石原都政が厳しく吟味
にかけられているのだと、いまの私は思います。
posted by 風の人 at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック