2007年03月06日

浅野氏と吉田氏の政策協定を切望する

               櫻井 智志

東京都知事選公示まで、あとわすが。もう時間がないのですが、
野党陣営は浅野史郎氏と吉田万三氏とに分裂するでしょう。
反石原陣営が分裂すればするほど、石原候補にとり有利です。

反石原陣営が、もしまとまることができるとしたなら、
それは政策協定を行なうことしか打開策はありません。
まして、「平和の風」は平和共同候補を擁立することを
団体の趣旨として掲げていたのではなかったでしょうか。

私は、都知事候補に現在の時点では浅野史郎氏がベターと思います。
けれど、浅野氏と吉田氏が同時に候補者として争う最悪の場合でも
反石原陣営としての反軍国主義の陣営としての
共通の協定を結ぶことを求めます。

それは、たとえ組織や立場などから共同して一本化できなくとも、
平和と反軍国主義のもとでの共闘が成立したなら
「風」は両方を応援できます。
いまのままだと浅野氏を支援することは平和共同の精神と
どう相容れるのでしょうか。

願わくば市民団体が強力に、平和・反軍国主義・格差是正を
柱に浅野氏と吉田氏に申し入れ、平和共同共闘が成立しえないか
働きかけることが、最後の選挙前の大きな山場となるでしょう。
ひとりひとりにできることは小さくとも、ひとりひちとりが
懸命に知恵を出し合い力を合わせたなら、いつかそれは大海に
注ぐ大きな波に連なることでしょう。
東京都知事が替われば、日本の政治ははじめの一歩を踏み出す
ことができます。逆に石原知事が当選したときに、最も喜ぶのは
あまりのひどい国政を開始した現首相でしょう。
自民党は総力をあげて石原慎太郎氏を支持すると言っています。
庶民をひねりつぷすくらいわけない巨大な権力をもつ政党が
背後で支持し続けているのに、分裂していてどうするのでしょう
か。
posted by 風の人 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック