2007年03月06日

3・2大集会の報告

グループのメインページ | 過去のメッセージ
Yahoo!グループ - ヘルプ



皆様へ
吉岡です。
 昨夜、日比谷野音で開かれた上記の集会に参加した報告をします。呼びかけは「2007年5・3憲法集会実行委員会」となっており、「憲法改悪阻止各界連絡会議」他7団体が事務局団体となっています。始めのあいさつを「許すな!憲法改悪・市民連絡会」の高田健さんがしていたので、彼が中心的な役割なのか、と思いました。

 18時30分開会ちょうどの時刻に着きましたが、驚くことに、真ん中の席がたくさん空いていました。壇上には共産党・社民党の国会議員が並んでいましたが、これでいいのかな?と思いました。確かに宣伝は、足りなかったように思います。9条の会でもあまりこの集会の話は聞かなかったように記憶しています。結局参加者は2000人と報告があり、何とかなったのかと思いましたが、この3月が最大の山場だといわれているにもかかわらず、これで大丈夫なの?と思いました。

 前にも書きましたが、9条の会では「これは通ってしまうから、国民投票の時にがんばる」という話を聞いています。マスコミの報道のあり方も含め、今の力関係ではとても難しいと思います。少なくとも、「国民の大きな反対の声を押しつぶして成立させた」という「悪い実績」を残させないと、問題のない法案だということになりかねません。

 憲法関係の団体はどう考えているのでしょうか?必死になってやらないと、後が大変と思うのですが、いいのでしょうかね?今朝の「朝日」では「安倍色回帰」「国民投票法を最優先」とあります。安倍はやる気です。今からでもねじを巻いてかからないと、後で痛い目を見ることになると私は思います。

 教育基本法の時は国会前のハンスト・座り込み部隊の奮闘が、人びとの心に火をつけて大きく盛り上がりました。この法案について、国会前の行動を中心になって呼びかけるところがいまだにないということが問題です。「憲法改悪阻止各界連絡会議」は40年の歴史を持つ大きな団体と聞いています。ここで闘わなかったらいつやるというのでしょうか?早急に取り組んで欲しいと私は思います。新しい発想で考えて取り組んでください。お願いします。






・モバイル版Yahoo!グループ(ベータ版)にアクセス。
・旧eグループをご利用の方々は移行手続きをお願いします。
・Yahoo!グループのサービスは利用規約に沿ってお使いください。
posted by 風の人 at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック