2007年02月19日

「核欲しい」外相の悪あがき

 永岡です。
 アメリカ下院で、慰安婦問題に関する決議が通りそうな情勢で、麻生”核欲しい”外相が文句を垂れています。東京新聞に載っていました。

http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2007021901000178.html

短いので、全文転載します、

< 麻生太郎外相は19日午前の衆院予算委員会で、太平洋戦争中の従軍慰安婦問題に関する日本政府の「明確な謝罪」を求める超党派の決議案が米下院に提出されていることに対し「客観的事実に全く基づいてなく、甚だ遺憾だ」と述べ、不快感を表明した。
 米下院外交委員会の「アジア太平洋・地球環境小委員会」で公聴会が開かれるなど、決議案採択に向けた動きがあることについては「決議案に法的拘束力は全くない」と指摘。同時に「政府として日本の立場に理解を得る努力をしていく」と強調した。

 塩崎恭久官房長官は、慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた1993年の「河野洋平官房長官談話」に関し、「政府の基本的な立場は談話を受け継いでいる」との見解を重ねて示した。

 自民党の稲田朋美氏に対する答弁。>

 麻生さん、じゃあ、客観的な事実、示してください。これじゃ子供のダダこねだ!


タグ:従軍慰安婦
posted by 風の人 at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「河野談話」を覆すための証拠とレトリックを発見した仲間由紀恵
Excerpt: 従軍慰安婦強制連行説は日本民族のみならず朝鮮民族をも侮辱するものである。朝日新聞許すまじと憤る方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
Weblog: 大東亜戦争の真実を伝えたい何でもそろう便利屋です
Tracked: 2007-02-22 20:26

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。