2007年02月11日

オバマ候補の主張

 永岡です。
 2008年のアメリカ大統領選挙、民主党のオバマ候補が立候補の名乗りを上げました。神戸新聞に、共同配信の記事がありました。

http://www.kobe-np.co.jp/kyodonews/news/0000238390.shtml

 主要部分は、<ブッシュ共和党政権を批判しながら米政治の「新たなページをめくる時だ」と強調、イラク問題をはじめ米国に漂う閉塞感の打破を強く訴えた。>
<ミシェル夫人と2人の娘を伴って演壇に上がったオバマ氏は、出口の見えないイラク戦争や石油への依存体質、多くの子供が学校に通っていない現実など米国が抱える課題を挙げながら、その原因が「リーダーシップの欠如」にあると強調。イラク戦争については「08年3月までに部隊を帰還させるべきだ」と主張した。>
 と言うことです。
 フルフォードさんも推薦されるオバマ氏の活躍を応援したいです。
posted by 風の人 at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック