2012年07月31日

8/1に田中氏の聴取。8/6の週に採択?→「原子力規制委員会」のムチャクチャ人事に異議あり!

みなさま(拡散歓迎!、重複、すみません)

FoE Japanの満田です。
原子力規制委員会人事ですが、結局、聴取は委員長のみとなったそうです。
民・自・公の間の「談合」はできあがっているようです。
なるべく、さっさと審議を済ませ、増税法案成立後、国会が紛糾する前にこの人
事だけは通そうということなのでしょう。それだけ、推進派にとって、重要な人
事だということです。早ければ8/6の週にも採択。逆にこの週をのりきれば、
どうなるかわからなくなります。正念場です!

衆議運の方の委員長候補所信聴取は1日(水)10時の予定とのこと。所信聴取の
ときに質問に立つのは議運の委員たちとのことです。

打てる手はすべて打っていきましょう!

★議運の委員、地元選出の委員に電話&ファックスを!
(衆議院議運名簿)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_j0160.htm
(参院議運名簿)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/konkokkai/current/list/l0029.htm
〜特にみなさまの地元選出の国会議員がいたら、ぜひプッシュを
(国会議員の検索は→)http://seiji.yahoo.co.jp/giin/

<伝えるポイントの例>
・原子力ムラだらけの「原子力推進人事」、到底なっとくできない。この5人に
牛耳られることに危機感を覚えている。人事に反対してほしい。
・政府が示している委員の欠格要件「過去3年間、原子力事業者であったもの」
「50万円以上の報酬」などの要件は甘い。法の精神の即して、原子力事業者お
よびその経験者は排除してほしい。

・更田豊志氏、中村佳代子氏は、明確に欠格要件(原子力事象者)に当たるので
はないか。

・田中俊一氏も、長年、「原子力ムラからの影響排除」を目指す法の趣旨から言っ
て不適格。また、同氏の適格条件をさらに厳密に審査するために、田中俊一氏の
「放射線安全フォーラム」が、過去、原子力事業者から得た金銭の流れをすべて
明らかにしてほしい。

・政府は、「委員会の任務には、原子力事業に関する経験が必要」と言っている
そうだが、しっかりとした技術諮問グループを作ればすむ話。実務経験よりも、
原子力ムラの影響力がまったくなく、国民の信頼を得られるような人が必要。必
ずしも技術者・科学者でなくてもよいのでは。(←すみません。これは私見です
が。)
<参考>
原子力規制委員会設置法第7条に即して、さらに原子力規制安全規制組織等改
革準備室は下記のような文書を出しています。
http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/info/120703/guideline.pdf
政府はこの「原子力事業者」の範囲をかなり狭くとらえようとしているようです
が、田中俊一氏が副理事長を務めており、更田氏が現職の幹部である日本原子力
研究開発機構も、中村佳代子氏の日本アイソトープ協会も、原子力事業者と考え
られます。

★明日28日のデモや集会にあわせて、規制委員会人事問題に関するチラシ配布+
署名集めなどを行います。14:30くらいから日比谷公園の小音楽堂前の噴水
に集合。手伝ってもいいよ、という方、ご参加ください。「フクロウの会」のオ
レンジののぼりが目印です。

★引き続き、鳩山さん、菅さんに、ぜひ、「人事案の白紙撤回を」「資格要件を
問うて」「反対して」の声を届けてください。

・鳩山由紀夫
衆議院第一議員会館403
Tel: 3508-7334 Fax: 3502-5295
登別事務所
Tel: 0143-85-8103 Fax:0143-85-8599

・菅直人
衆議院第一議員会館512
Tel: 3508-7323 Fax: 3595-0090
武蔵野事務所
Tel: 0422-55-7010  FAX: 0422-55-7768  

★緊急署名、現在、4,800くらいです。ぜひ、こちらも広めて下さい!
---------------------------------------------------
【超・緊急署名】〜★大拡散希望!★
「原子力規制委員会」のムチャクチャ人事に異議あり!
「原子力ムラ」だらけの人事はもうたくさん。
これでは子どもたちは守れません!

★オンライン署名はこちらから
https://fs222.formasp.jp/k282/form2/
★こちら補助フォームです。
https://pro.form-mailer.jp/fms/d75df4fc31929
★紙の署名はこちらから(添付します)
https://dl.dropbox.com/u/23151586/120725_shomei_jinji.pdf

一次締め切り:7月30日(月)午前9時 二次締め切り:8月2日(木)午前9時
---------------------------------------------------

■緊急アピール行動
 日時:7月30日(月)16:00〜17:00
    7月31日(火)16:00〜17:00
    8月1日 (水)16:00〜17:00
 場所: 衆議院第二議員会館前
(最寄駅:東京メトロ 永田町または国会議事堂前
 横断幕を広げてマイクアピールやチラシ配布をします。プラカード等ご持参下さい
 ※熱中症対策、各自でよろしくお願いいたします。
 呼びかけ:FoE Japan、福島老朽原発を考える会、プルトニウムなんていら
 ないよ!東京、原発を考える品川の女たちなど

 ※問い合わせ先:阪上090−8116−7155

■金曜日夕方のアピール行動(別館前)
 日時:8月3日(金)18:30〜20:00
 場所:経済産業省別館前(保安院・エネ庁)

 再稼働反対、大飯原発の断層調査、規制委員会の人事に対する抗議などを
 アピールします。

 どなたでもご参加できます。
 主催:国際環境NGO FoE Japan、福島老朽原発を考える会
  原発を考える品川の女たち、プルトニウムなんていらないよ!東京

 ※問い合わせ先:阪上090−8116−7155
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-7d28.html

-----------------

以上、転載

太田光征
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。