2012年07月08日

【緊急署名】大飯原発直下の破砕帯(断層)のトレンチ掘削調査を早急に!

↓緊急署名にご協力を!今すぐクリック!!
https://fs222.formasp.jp/k282/form2/

【緊急署名・拡散希望!】
大飯原発の破砕帯(断層)−掘削調査を早期に!
大飯原発 再稼働の撤回を!

※紙版はこちら(PDF)↓
https://dl.dropbox.com/u/23151586/120707_ohi_hasaitai_shomei2.pdf

※オンライン署名は下記から↓(PCからも携帯からも可)
https://fs222.formasp.jp/k282/form2/

◆暫定締め切り:2012年7月11日(水)

<署名本文>

内閣総理大臣 野田佳彦様
経済産業大臣 枝野幸男様

関西電力の大飯原発3号機の再稼働が、あらゆる反対を押し切って強行されまし
た。

活断層の連動評価、制御棒の挿入性能、免震事務棟、ベント、防潮堤のかさ上げ
など、安全面確保がないがしろにされたままでの再稼働に、多くの国民が不安と
怒りの声を上げています。

特に深刻なのが、大飯原発敷地内のF6破砕帯(断層)の問題です。これについ
て、複数の専門家が、活断層である可能性を指摘しています。この破砕帯が活断
層であれば、地盤の「ずれ」により原子力施設に重大な影響を及ぼす恐れがあり
ます。

関西電力と保安院は、F6破砕帯(断層)が活断層であることを強く示唆するト
レンチ図を隠し続けてきました(2010年の審議)。さらに、今年7月3日の「地
震・津波に関する意見聴取会」では、「当時の写真などを探しているがまだ見つ
からない」(関電)として、保安院は大飯破砕帯の議論を先送りしてしまいまし
た。

他方、6月27日には、超党派5名の国会議員と専門家(渡辺満久教授)が大飯
原発敷地内を視察され、F6破砕帯の調査のため、3箇所の掘削可能な地点があ
ることを確認されました。あとは、掘って調査をするだけです。

F6破砕帯(断層)は非常用取水路を横切っています。関西電力はこれがSクラ
スの重要構造物だとしています。もし地盤の「ずれ」によりこれが破損すれば、
緊急時の冷却機能に支障をきたすおそれが出てきます。原子力安全委員会の「発
電用原子炉施設の耐震安全性に関する安全審査の手引き」によれば、重要な施設
(Sクラス)は活断層の上に設置することはできません。

以上を踏まえて、私たちは下記を要請します。

1.大飯原発敷地内の破砕帯(断層)の掘削調査を早急に実施して下さい
2.大飯原発の再稼働決定を撤回して下さい

◆呼びかけ団体:グリーン・アクション、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪
の会、福島老朽原発を考える会、国際環境NGO FoE Japan

◆紙の署名の送り先:

◆住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-19 銀鈴会館405 共同事務所AIR
福島老朽原発を考える会 TEL/FAX 03-5225-7213

◆問い合わせ先:090-8116-7155 阪上武/福島老朽原発を考える会
 090-6142-1807 満田夏花(みつた・かんな)/国際環境NGO FoE Japan

-----------------

以上、転載

太田光征


posted by 風の人 at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。