2012年06月30日

関西人、12年6月の節電は11年の需要・気温モデルを凌ぐ成績

22日に、6月平日の節電実績に基づいて関電の今夏の電力需給見通しについて書いた。

関西人は今のところ関電の期待を裏切る節電を実施(2012年6月)
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/276509670.html

22日以降の平日で、29℃を超えた暑い日は2日あり、25日の29.4℃(2039万kW)、29日の30.8℃(2112万kW)だった。

これらを加味しても結論は変わらない。

関学の朴勝俊准教授が11年の需要実績から、最大需要と最高気温の関係を一次モデルなどで表している。この一次モデルでは、30℃の最大需要は約2400万kWだから、6月の30℃前後の需要2100万kWはそれより300万kWも少ない。

6月の30℃前後の需要実績と気温感度(最大需要と最高気温のグラフの傾き=気温が1℃上昇したときの需要増加量)47.8万kW/℃を前提にすると、10年並みの「11年と1℃しか違わない猛暑(36.6℃)」でも、需要予測は関電が8月に原発なしで確保できるとする供給力2542万kWを下回る。

なお、政府予測の供給力は関電予測を上回る2630万kWで、環境エネルギー政策研究所の予測は2946万kW。

太田光征

※ 電車に乗る時、カバンに不要な物を入れておかないことも、節電になります。
posted by 風の人 at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 原発停止と電力需給
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。