2012年06月19日

ドイツでも大飯再稼働反対の抗議を大きく報道/日本は地震と津波を法律で禁止したようだ (梶村太一郎の反核覚え書き)

中田さんに教えてもらった梶村太一郎氏の記事です。

明日うらしま: 94:ドイツでも大飯再稼働反対の抗議を大きく報道/日本は地震と津波を法律で禁止したようだ
http://tkajimura.blogspot.jp/2012/06/blog-post_17.html?spref=tw

原発再稼働決定 政府による恐怖の強制だ - 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-192698-storytopic-11.html
「再稼働決定に至ったのは、電力不足の印象が巧みに植え付けられたためだろう。政府の需給検証委員会が、関西電力管内で最大15%の電力が不足するとの予測を発表したのが空気を変えた。
 だが、民間の節電努力もさして勘案しない代物だ。手術中の病院も停電するなどと不安があおられたが、総合病院には自家発電設備があるのが普通ではないか。」

 原発再稼働要請 政府説明は矛盾だらけだ - 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-190034-storytopic-11.html.
「その理由も、再稼働しなければ電力供給が不足するからという。専門家によれば、日本の火力発電の稼働率は5割以下で、7割まで引き上げれば原発はゼロでも供給は足りる。なぜ不足するのか。
 昨夏ならまだしも、今夏は震災から1年以上たつ。火力発電の再稼働が間に合わないというのは理由にならない。原発を推進したい人々が、無理に電力不足を演出しているのではないか。
 枝野氏は電気料金値上げも示唆した。原発が稼働した方が安いかのような言動だが、まやかしだ。」


太田光征
posted by 風の人 at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック