2012年03月13日

焼却炉の中で約36%の放射性物質が「行方不明」に

焼却炉の中で約36%の放射性物質が「行方不明」に | sorakuma
http://sorakuma.com/2012/03/10/5827

20120222大阪市議会区民保険委員会
http://osakasaigaihaikibutu.web.fc2.com/documents/0222osakacityminseihokeniinkai.pdf
「焼却炉に投入された放射性物質のうち、約36%が行先不明になるとの結果となりました。…約11%が煙突から排出されている可能性が否定できない結果となりました。」

<11%の放射性物質が煙突から放出されている場合、1日120トンペースで1年間焼却を行うと、約4億4000万ベクレル以上の放射性物質が大気中に放出される可能性がある>

-----------------

太田光征
posted by 風の人 at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。