2012年03月07日

ウィークリーの暮らし情報番組「暮らしの中の放射能」

『労働情報』編集部の浅井真由美です。
(転送・転載、大歓迎。重複ご容赦下さい。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

放射線の影響を回避しながら生活するための,
ウィークリーの暮らし情報番組「暮らしの中の放射能」

●「第3回 汚染マップを見る」のお知らせです。
http://www.youtube.com/watch?v=iELYjFiNFV0&feature=channel

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


《今までの放送内容 ↓ 》
●第1回 公表データを読む
http://youtu.be/5IpjwPHsX94

●第2回 水と魚について
http://youtu.be/8lrm2_6B0oo

 放射線の影響を回避しながら生活するための,
ウィークリーの暮らし情報番組
「暮らしの中の放射能」。

とくに,放射線の影響が大きい
東北,関東,首都圏の市民を対象として,
1.原発の現状,
2.汚染の状況と対策,
3.食品汚染の実態と対策,
この3点を主な内容に,
原子力資料情報室共同代表・事務局長の
伴 英幸(ばん・ひでゆき)が語ります。

第3回目は,汚染マップを見る。
聞き手は、
人材育成コンサルタント 人材育成技術研究所所長の
辛淑玉(しん・すご)さんです。

なお、多言語版は現在準備中です。
よろしくお願いいたします

※ 暮らしの中の放射能では,番組制作継続のための
カンパを集めています。
賛同の方は、下記の郵便振替口座をご利用ください。


■郵便振替口座■
・口座番号:00170−2−548020
・加入者名:暮らしの中の放射能プロジェクト

●もう一つ、お知らせです 3月9日発売!●
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『放射能時代を生きる3つのアクション』
辛淑玉:著, 伴英幸:監修/定価:700円+税
発行年月:2012年03月/A5判/並製/48ページ
詳細は ↓
http://pen.co.jp/index.php?id=650

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

放射能の被ばくを少しでも減らし、
これから続く放射能時代を生きぬくために、
3つのアクション
「Danger(危険値を知る)→
 Decision(判断する)→
 Do(行動する)」
を提案したフルカラーブックレット。
イラストをベースにした、
これだけは知っておきたい厳選23項目!

(『労働情報』編集部も、微力ながら校正のお手伝い。)

-----------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック