2012年01月22日

福島第1原発1号機では津波が来る前に敷地内の放射線量が高いレベルに

12月19日 運転再開に反対する政府交渉報告 速報
http://www.greenaction-japan.org/modules/wordpress/index.php?p=542

原発の運転再開に反対する2011.12.19政府交渉まとめビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=EwVrpEWy3Bw

スナメリチャンネル「原発の運転再開に反対する政府交渉」ビデオ全編
http://bit.ly/tVk1hZ

原発の運転再開については、安全協定が結ばれる地域への説明と理解が必要。

福島第1原発1号機では、地震で非常用復水器(IC)系配管等が破損し放射性物質が漏れたのではないか? → 解析からも、地震で配管に0.3㎠のひび割れが入った可能性を否定できない。

津波が来る前の15:29に、福島第1原発の敷地内のモニタリングポストMP3が高いレベルの放射線量を知らせる警報を発した。

17:50、ICの状況を見るために、作業員が原子炉建屋内に入ろうとして、放射線測定器が振り切れた。

基準値振動ss(想定される最大の揺れ)をいくつかの原発で上回った。これまで津波は想定外、地震は想定内としていたが、地震もまた想定外であった。

-----------------

太田光征
http://otasa.net/


posted by 風の人 at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。