2012年01月17日

1/26沖縄市民訪米団院内集会(ワシントンからのスカイプ中継あり)

1月21日から28日まで、沖縄市民訪米団(国会議員、県議会議員、市議会議員、各種市民団体等)がワシントンDCを訪問し、米連邦議員などと懇談しますが、それにあわせて日本(東京)て院内集会を行います。現地ともスカイプでつなぎますので、ぜひご参加ください。 


(転送・転載歓迎)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

   沖縄市民訪米団を支援し、辺野古アセスの撤回を求める
            院内集会・記者会見
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 1月21日から28日まで、沖縄市民訪米団(アメリカへ米軍基地に苦しむ沖縄の声を届ける会)がワシントンD.C.を訪問します。訪米団は、平和、人権、環境にかかわる市民団体および国会、県議会、市議会議員で構成され、米国の議会議員や報道機関、市民やNGO等へ、普天間基地の県内移設と辺野古新基地建設に反対し、米軍基地の爆音、生活環境と自然環境の破壊、犯罪や事故などの被害に苦しむ沖縄の実態を訴えることを目的としています。
 
 一方、政府・防衛省は、昨年末28日未明に、辺野古アセス(普天間飛行場代替施設建設に係わる環境影響評価)の評価書を沖縄県庁の守衛室に無理やり運び込むなど、前代未聞のなりふり構わぬ動きをしています。まさに、アセス法にもとづく手続きを無視し、内容も非科学的で、アセス制度自体を破壊するものとなっています。

 私たちは、沖縄市民訪米団の活動を支援するとともに、政府に違法な辺野古アセス評価書の撤回を求めるための院内集会、記者会見を、以下のとおり開催します。皆さまのご参加、ご取材をお願いいたします。

●日 時:1月26日(木)12時〜13時30分
    (ワシントンD.C.時間で25日22:00〜23:30)

●会 場:衆議院第2議員会館 第3会議室 (地下1階)
*11時30分から55分までの間に、衆議院第2議員会館入口で、
手荷物検査を受けてから、入館証をお受け取りください。

●共 催:JUCON (沖縄のための日米市民ネットワーク)、辺野古への基地建設を許さない実行委員会、沖縄・生物多様性市民ネットワーク、日本環境法律家連盟(JELF)、ジュゴン弁護団、沖縄意見広告運動、許すな!憲法改悪・市民連絡会、憲法を生かす会、日本自然保護協会、グリーンピース・ジャパン、WWFジャパン

●内 容:

・沖縄市民訪米団からの報告(ワシントンからスカイプ中継)
・ 国会議員等の発言
・ 辺野古違法アセス訴訟弁護団、原告団からの発言
・ 共同声明の発表
・ 質疑応答、その他

■お問合せ:花輪伸一(JUCON/沖縄・生物多様性市民ネットワーク)
hanawashinichi2@mbn.nifty.com 090-2452-8555

--

太田光征
http://otasa.net/


posted by 風の人 at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。