2012年01月10日

ワールドウオッチ研究所:2010年に(大規模水力を除く)自然エネルギー発電の設備容量が原発の設備容量を上回った

THE WORLD NUCLEAR INDUSTRY STATUS REPORT 2010–2011
Nuclear Power in a Post-Fukushima World
25 Years After the Chernobyl Accident
Worldwatch Institute
http://www.worldwatch.org/nuclear-power-after-fukushima
http://www.worldwatch.org/system/files/pdf/WorldNuclearIndustryStatusReport2011_%20FINAL.pdf

2010年に初めて、(大規模水力を除く)自然エネルギー発電の設備容量が原発の設備容量を上回った。すなわち、風力(193 GW)、小水力(80 GW)、バイオマスおよび廃棄物由来エネルギー(65 GW)、太陽光(43 GW)が計381 GW、原発が375 GWとなっている。これは福島原発事故前の実績。(38ページ)

太田光征
http://otasa.net/


posted by 風の人 at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。