2012年01月08日

1月21日(土)「原発崩壊〜闇に葬られた原発労働者」 (樋口健二氏)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【草の実アカデミー・メルマガ】第41号
    2011年1月8日(日)発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【草の実アカデミー・メルマガ】は、「草の実アカデミー」が発行する
不定期のメールマガジンです。毎月の講演会の案内や、これまでの
講師の動向などをお伝えします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【目次】
■1月21日(土)第35回草の実アカデミー
「原発崩壊〜闇に葬られた原発労働者」
講師:樋口健二氏(報道写真家)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■1月21日(土)第35回草の実アカデミー

「原発崩壊〜闇に消される原発被曝者」
講師:樋口健二氏(報道写真家)

日時 1月21日(土)午後2時から5時
場所 アカデミー千石 学習室B(千石図書館内)
     東京都文京区千石1丁目25番3号
     03-3946-4430
 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.44.49.0N35.43.27.6&ZM=10
交通 都営地下鉄三田線「千石駅」下車 A4出口3分

テーマ 原発崩壊〜闇に消された原発労働者
資料代 500円(会員無料) 
主催  草の実アカデミー http://kusanomi.cocolog-nifty.com/


原発労働者を40年にわたって取材し続けてきた報道写真家の樋口健二さんを講師として迎える。

 危険な作業を続けざるを得ない原発作業は、下層労働者によって担われてきた。ボロ雑巾のように捨てられた被曝労働者たちをずっと見続けてきたのが樋口さんである。

 その40年の集大成として『原発崩壊』(合同出版)を2011年8月に出版。「平和・協同ジャーナリスト基金」第17回大賞に選ばれた。

 原発の本質は、弱者である下請労働者を被曝させて犠牲にしてきたことであり、樋口さんは「原発は人権問題」だと言い切る。「トヨタの大量リコール(欠陥車)は人権問題」と私は言ってきたが、基本構造は同じである。

 当日は、これまで撮影した写真をスクリーンに映しながら、縦横無尽に原発について語ってもらう。あわせて、過去2回も絶版になって復刊した『闇に消される原発被曝者』(八月書館)や、今回受賞した『原発崩壊』(合同出版)などを販売する。

 一度、樋口さんの講演を写真つきで聞いたことがありあすが、かなり迫力がありました。ぜひご来場ください。

 それでは1月21日(土)午後2時。千石アカデミー(千石図書館)でお会いしましょう。



                    (草の実アカデミー 林克明)
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
草の実アカデミー
ブログhttp://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/
〒114-0023 東京都北区滝野川6−82−2
TEL 03-3916-2664(火・木・土日祝)
FAX 03-3916-2676
E-mail kusanomi@notnet.jp
**************************************

-----------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック