2012年01月05日

「ストレステストに係る意見聴取会」の委員のうち、脱原発派の委員2人を除く9人の3分の1が原発関連企業から献金

原子力安全・保安院御中

https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html

原子力安全・保安院は福島原発事故を起こした責任の大きな部分を占めており、ストレステストを実施する主体としては資質を欠いています。少なくとも後継となる原子力安全庁が担うべきです。もっとも、「国」が事故責任主体であり、原発事故の管理は主権者の力の及ぶ枠組みで行わなければなりません。

「ストレステストに係る意見聴取会」の委員のうち、後藤政志、井野博満の両委員を除く9人の3分の1が原発関連企業から献金を受けていたことには驚きました。明確な利益相反です。

耐震指針などについては原子力安全委員会の斑目委員長も誤りであることを認めていますが、事故原因の究明を待たず、指針類を改定しないままでストレステストを実施しても、原発の安全性は保証されません。

少なくとも、意見聴取会委員の構成を公平にしてください。


以下、転送です。

太田光征
http://otasa.net/


【岡本、阿部、山口の「利益相反」3教授はストレステスト委員を辞任せよ!】

東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

先に、「ストレステストに係る意見聴取会」司会進行役の岡本孝司教授が
三菱重工業から献金を受け取っていたことをお伝えし、辞任を求める要請
を呼びかけました。既にご協力いただいた方はありがとうございます。

保安院・電力会社の側に立って強引な進行を行う岡本委員に真っ先に退場
してもらうべきだと思いますが、この聴取会では岡本教授を含めて3人も
の委員が原発メーカーの三菱重工(審査対象の原子炉の多くを製造)から
の献金を受け取っています。委員は計11人ですから、脱原発派である後藤
政志、井野博満の両委員を除く9人の御用学者のうち、何と3分の1が「利
益相反」(=「一人の人間が泥棒と警察の両方をやること」)というわけ
です。こんな金まみれの委員たちが、危険な原発再稼働の前提とされるス
トレステスト審査への意見聴取に関与することは到底認められません。
「3・11」後の現在、こうした状態を許すことはあり得ないことです。

◆岡本孝司 東京大学 工学研究科原子力専攻教授
三菱重工業 200万円
「多忙につき答えられない」(大学広報を通じて回答):朝日1/1記事

◆阿部 豊 筑波大学大学院 システム情報工学研究科教授
三菱重工業 500万円
「審議では専門の立場から中立な意見を述べてきた」:朝日1/1記事

◆山口 彰 大阪大学大学院 工学研究科教授
(株)ニュークリア・デベロップメント(三菱重工業系) 3,385万円

【参考】井野博満委員の12月22日意見聴取会への質問書より
「報道によれば、山口彰委員は、(株)ニュークリア・デベロップメント
から『受託研究』の名目で3,385万円の研究費を受け取っている。ニュー
クリア・デベロップメントは、現在審議中の大飯原発・伊方原発・泊原発
などの主製造メーカである三菱重工の関連企業である。これが事実であれ
ば、利益相反の事例に該当する可能性があり、研究者倫理としても委員に
はふさわしくないと考えるが、保安院の判断をお聞きしたい。」

★引き続き、岡本、阿部、山口の3委員を辞任させるよう、要請を集中し
てください。原発に批判的な研究者との入れ替えや、今までの議論を白紙
に戻し一からやり直すことなども要請してはどうかと思います。また、保
安院に加えて、枝野幸男経産相にも要請されるようお願いします。6日
(金)午前9時からの意見聴取会が迫っていますので、まだの方は可能な
方法で急ぎの働きかけをぜひお願いします。新聞等への投書も有効です。

※この情報をぜひ転送、ブログ、ツィッター、フェイスブック等で広めて
ください。お知り合いのメディア関係者にもぜひお伝えください。

【原子力安全・保安院】
代表 (TEL)03-3501-1511
広報課 (TEL)03-3501-5890
原子力安全技術基盤課(ストレステストを担当)
(FAX)03-3580-5971 (TEL)03-3501-0621
メールによるお問い合わせ:ご質問・ご意見(保安院HP)
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html

【枝野幸男経産相】
[国会事務所]
(FAX)03-3591-2249 (TEL)03-3508-7448
[地元・大宮事務所]
(FAX)048-648-9125  (TEL)048-648-9124
posted by 風の人 at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック