2012年01月03日

1月14〜15日は脱原発世界会議

[転送・転載歓迎]

初めまして、脱原発世界会議の草深と申します。
新年あけましておめでとうございます。
年始のお忙しいところかと存じますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

脱原発世界会議より、皆様にご協力のお願いがあります。
とても情報量が多いのですが、下記ご一読お願いいたします。

 脱原発世界会議は、国内外の脱原発活動をしている団体と市民で作り
上げている国際会議です。
脱原発世界会議とは http://npfree.jp/about-conference.html

世界が注目する世界会議のプログラムをご覧下さい。
企画 http://npfree.jp/program/soes-event.html
ブース http://npfree.jp/program/soes.html
全体 http://npfree.jp/program.html

 世界中から脱原発の運動をしている方や専門家をゲストとして呼んでい
ます。元ドイツ原子力安全委員会委員長や原子力・エネルギー専門家と
して世界的に有名なマイケル・シュナイダーさんも来日します。
http://npfree.jp/program/guest-lisg.html

 この呼びかけには坂本龍一さんや加藤登紀子さんも賛同してくれています。
http://npfree.jp/message.html

 「原子力」や「核」といった巨大な力に立ち向かう世界の大きなうねりを
つくり出すとともに、脱原発へ向けて歩みだす市民ひとりひとりの第一歩
を後押しできる会議となることを確信しております。
http://npfree.jp/download/20111228_about_conference.pdf

 しかしながら、この会議の成功は、当日会場にひとりでも多くの市民の
参加を招くことができるかが大きな鍵を握っております。ぜひとも脱原発
世界会議への参加・賛同の輪を広めていただけますよう、みなさんにご
協力をお願いしたいです。

具体的には下記の事にご協力下さい。

【1】チケット購入、また販売促進にご協力ください。
http://npfree.jp/ticket.html
一番お得でほぼ全ての企画に参加できるB券が売れていません。

【2】ツイッターやフェイスブック、メーリングリストで情報を拡散お願いしま
す。メールマガジンもあります。
ツイッター:@DATSUGENPATSUtw
フェイスブック:脱原発世界会議 (Global Conference for a Nuclear Power
Free World)
メールマガジン:http://npfree.jp/mailmagazine.html

【3】チラシ配布やポスターの掲示にご協力下さい。
お送り先をお知らせいただければ郵送で送ります。会合や集会などでの
配布をお願いします。

【4】会議当日のボランティアとしてお手伝いお願いします。
http://npfree.jp/volunteer.html

いろいろと協力をしてほしいことはありますが、一番協力して頂きたいの
はチケットの販売です。
重要な会議にも参加者が居ないと意味がありません。会議参加の呼びか
けにご協力お願いいたします。会議まで残りの時間は12日です。脱原発
のためにも、みなさんのご協力が必要です。何卒宜しくお願いいたします。

脱原発世界会議 草深

草深比呂至LEO
脱原発世界会議実行委員会
M:leo.kusafuka@peaceboat.gr.jp
T:0333637561 F:0333637562
website http://npfree.jp/
facebook http://www.facebook.com/npfree.jp
twitter http://twitter.com/datsugenpatsutw

-----------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック