2011年12月09日

12月18日「更迭で終わらせない! 沖縄への暴力支配を止めよう! 12.18新宿ど真ん中デモ」

★☆★☆★☆★(転送・転載大歓迎)★☆★☆★☆★

更迭で終わらせない! 沖縄への暴力支配を止めよう! 12.18新宿ど真ん中デモ

2011年12月18日(日)
13時:新宿アルタ前広場で全国アピール(沖縄からの発言など)
14時:デモ出発!新宿東口〜西口を縦断!!
デモコース:http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=200403007798813527707.0004b34701fcc899f13d0&msa=0&ll=35.690311,139.701612&spn=0.007206,0.009645

 11月15日高江の森に、ついに沖縄防衛局が現れた。オスプレイ
配備の米軍ヘリパッド工事を再開させないために、住民は朝から晩まで
座り込んでいる。いまこの時も、抵抗と説得をねばりづよく続けている。
 作業員たちが何度も何度も押しかける、その最中に暴露された、
防衛省・沖縄防衛局長の沖縄侮辱発言。基地押しつけをレイプに
なぞらえる、それは決して「失言」じゃない。防衛省が、日本政府が、
「ヤマト」が、沖縄でおこなっている現実の暴力支配の反映だ。

高江の工事強行だけじゃない。辺野古新基地建設を進めるための
「環境評価書」を、政府はいまにも提出しようとしている。与那国・宮古
への陸上自衛隊配備まで計画されている。八重山では戦争・沖縄支配
肯定の教科書が、住民の反対を無視して押しつけられようとしている。
「ヤマト」の、東京のわたしたちの安全や快適のために、有事をあおり、
沖縄に危険を押しつけ、自己決定権を奪う。差別構造がそこにある。
「ヤマト」のわたしたちはいつでも問われている。植民地主義をいつ
やめるのかと。
 沖縄はみずから抵抗を持続してきた。わたしたちも、わたしたちの
立場から抵抗をつくりだそう。いつもの新宿で。更迭で終わらせない!
沖縄への暴力支配を止めよう! 12.18新宿ど真ん中デモへ!

主催:沖縄を踏みにじるな!緊急アクション実行委員会(新宿ど真ん中デモ)
http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/
twitter:https://twitter.com/#!/domannakademo


--
posted by 風の人 at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック