2011年11月19日

朝鮮学校に教育保障を! 12.3全国集会 もう待てない「高校無償化」

福島原発震災の震源は差別政治。差別政治はあらゆる形で政治災害となって現れます。脱原発で問われているのは脱原発だけではなく脱差別。

太田光征
http://otasa.net/



朝鮮学校に教育保障を! 12.3全国集会 もう待てない「高校無償化」

チラシ
http://www.peace-forum.com/houkoku/20111203chirashi-k.pdf

2011年12月3日(土) 19時開会

大田区民ホールアプリコ・大ホール
... (JR蒲田駅東口から徒歩5分)

資料代 500円(高校生以下は無料)

【登壇予定】韓国「モンダンヨンピル」 朝鮮学校弁護団 など

※ モンダンヨンピル (ちびた鉛筆)は、二〇一一年に、映画監督のキム・
ミョンジュンさんなどの呼びかけで作られた韓国の団体。毎月チャリティーコンサートをもよおすなどして、日本の被災地の朝鮮学校の支援もおこなっている。団体名には、鉛筆を削って削って、これ以上は短くなれない時まで節約して使う心で助けようという意味がこめられている。

適用「保留」のまま一年半以上が過ぎた、朝鮮学校の「高校無償化」問題。ことし8月29日に菅前首相はようやく「手続き再開」を指示しましたが、その後も一部の右派議員、メディア、市民団体は、この期に及んでなおも適用反対を扇動しています。2ヶ月が過ぎても審査結果が出る気配がないのは、残念ながらおそらく、文科省が風当たりを避けて慎重になっているからということもあるのでしょう。いまこそ、朝鮮学校への即時の無償化適用をもとめる声をふたたび高める必要があります。《朝鮮学校に教育保障を! 12.3全国集会 もう待てない「高校無償化」》に結集しましょう! また、文科省および野田首相に早期適用を要請しましょう!

要請先 
 文科省 FAX: 03-6734-3589(事務次官宛) WEB: https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry38
 首相官邸 FAX: 03-3581-3883 WEB: http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

主催 「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会 
 TEL: 080-3930-4971 MAIL: watasitati2004@yahoo.co.jp
共催 フォーラム平和・人権・環境
posted by 風の人 at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック