2011年10月30日

【11/2】 今すぐ脱原発!〜「運転再開をすべきでない」 4 つの理由

【11/2院内集会】 今すぐ脱原発!〜「運転再開をすべきでない」4つの理由
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
エネルギー政策見直し議論の中で、「運転再開をしなければ電力不足、電気 料金が上がる」として、運転再開を前提とする方針が固められつつあります。
経済産業省も野田首相も、「地元の理解を得て」再稼動を進めていく、としています。しかし福島原発事故が起きて以来、規制行政の体制も、安全指針も、原子力安全確保の前提は根底から崩れています。
人々の生活、健康、社会、環境、地域、経済、あらゆる側面で長期にわたる原発事故被害を、当事国として体験している日本で、今、原発の運転再開を議論できる状況ではありません。
本集会では、今すぐ脱原発が自明である4つの理由について整理し、特にストレステスト結果提出第一号の大飯三号機への対応等について、具体的に議論を行います。

【日 時】 11月2日(水)12:30〜15:00(予定)
【会 場】 参議院議員会館B107会議室(最寄:永田町、国会議事堂前)
地図 http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
      ※12:00からロビーにて通行証を配布します。
【内 容】(以下予定)
0)運転再開問題をめぐる現状の確認
1)原子力安全行政の破綻
2)「原発を動かさないと電気料金が上がる」のウソ
3)「原発を動かさないと電力が不足する」のウソ
4)地元の安全管理体制の破綻     
【資料代】500円
【主 催】eシフト (脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
      http://e-shift.org/
【共 催】FoE Japan、グリーン・アクション、原子力資料情報室、気候ネットワーク、環境エネルギー政策研究所、SHUT泊、花とハーブの里、ソーラーエネルギー教育協会、大地を守る会、福島原発事故緊急会議、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会、原水爆禁止日本国民会議、たんぽぽ舎、玄海原発プルサーマル裁判の会、(ほか募集中)

-----------------------------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック