2011年10月23日

【10/24】放射性物質で汚染されたがれきと下水汚泥をどうするか?

転送します。

太田光征
http://otasa.net/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ◇◇◇緊急市民集会◇◇◇
  3.11がもたらした震災廃棄物問題 
  放射性物質で汚染されたがれきと下水汚泥をどうするか?
   http://www.foejapan.org/waste/event/111024.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
3月11日の東日本大震災と津波で発生した東北3県のがれきは2300万トン
以上、日本全体の一般廃棄物発生量の半年分に相当し、福島原発の事故に
より、周辺地域のがれきは、放射性物質で汚染されているおそれがあります。

国は、岩手、宮城のがれきについては、全国の自治体での広域処理を進める
方針で、10月から各地の自治体での受け入れが開始されます。しかし、住民
からはその安全性について不安の声が上がっています。

被災地から離れた関東各地でも、下水処理施設の汚泥から高濃度の放射性
セシウムが検出されており、各地の自治体の仮保管場所は限界に近づいて
います。

環境汚染と健康被害のリスクを拡大しないようにしながら、東北の1日も早
い復興に向けて貢献するにはどうしたらよいのでしょう。
市民の視点で考え、話し合いましょう。

【日時】 10月24日(月)14:00〜16:30
【会場】 総評会館 201会議室 (東京・神田駿河台)
 http://www.sohyokaikan.or.jp/access/index.html

【プログラム】
放射性物質に汚染されたおそれのある廃棄物の受け入れ自治体から  
                 大沢 ゆたか さん(立川市議会議員)
放射性物質で汚染された下水汚泥問題
                 井部 正之 さん(ジャーナリスト)
など

<登壇者プロフィール>
井部 正之 (いべ まさゆき)
地方紙カメラマン、専門誌記者を経てフリーランスに。
現在はジャーナリスト集団、アジアプレス・インターナショナルに所属。
日経BPのウェブマガジン『ECO JAPAN』にて、「どうなる放射能汚染物
の処理」を連載中

【参加費】1,000円   【定員】90人
【申込み】以下からお申込みください。
     http://www.foejapan.org/waste/event/111024.html

【主催】 認定NPO法人 FoE Japan
【協力】 NPO法人 ごみ・環境ビジョン21

【問合せ】認定NPO法人 FoE Japan (フレンズ・オブ・ジ・アース・ジャパン)
   廃棄物・3R政策担当: 瀬口
     E-mail: seguchi@foejapan.org
TEL: 03-6907-7217

※ちらしのダウンロードはこちら(PDFファイル)
http://www.foejapan.org/waste/event/111024.pdf


posted by 風の人 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。