2011年09月19日

脱原発明治公園五万人集会の地平線

2011年9月19日。
東京・明治公園には、主催側の発表で六万人もの人々が公園内とそこに入りきれない大勢のかたがたが、いくつものJRや地下鉄の駅から道路にあふれた。

舞台中央前には、福島県からかけつけた多くのかたがた。その右側には一般の個々の市民と市民団体。あとは林立する全国各地(北海道、青森から沖縄まで)の労組や政党、市民運動団体などの旗がならぶ。新社会党、社民党、日本共産党の各地からの旗もみられる。

1000万人アクション実行委員会の土井登美恵さんが司会をされた。
午後1時からオープニングコンサート。沖縄音楽グループ寿(ことぶき)が三曲ほど歌って会場を盛り上げる。
20分ほどでコンサートを終えると、主宰者側の諸注意と脱原発ポスターパフォーマンス。
壇上で紹介された独創性あふれる脱原発をテーマとしたポスターが紹介される。

いよいよ呼びかけ人からのメッセージが披露される。
鎌田慧さんは、力強く脱原発の意義を説く。
大江健三郎さんは、強制されることによっては人間は変わらないと恩師渡辺一夫の教訓を紹介された。
落合恵子さんは、いのちをはぐくむ女性が立ち上がることで、原発を廃止させようと訴えた。
内橋克人さんもこの集会の意義を唱えた。
澤地久枝さんは、骨折により闘病中だったが、この集会の大切さを重視して駆けつけた。

国際的な環境団体のドイツ・ミュンヘン大学の森林生態学者フーベル・ヴァイガーさんは、福島原発事故が世界的に原発停止のうねりを起こしていることを説いた。
芸能界で圧力を受けても脱原発の主張を続けている山本太郎さんは、いまおとなが子ども達の未来のために行動すべきだと説いた。

ハイロアクション福島原発の武藤類子さんは、舞台前中央の福島県民の皆さんに起立してもらい、感動的なアピールを会場の五万人規模の聴衆に訴えて、ひとびとを感銘させた。

2時10分。
渋谷コース、原宿コース、新宿コースに分かれて、五万人がパレードを始めた。個人参加や市民団体、実行委員会参加NGOは渋谷コースを、呼びかけ人の大江さんや落合さんたちとスタートした。
原宿コースは、平和フォーラム関係団体がスタートした。
新宿コースは、個人参加者、実行委員会参加団体、その他の団体がパレードした。

集会中に主宰者は強くアピールしていた。それは、来年の春までに1000万人の署名を集めることである。
http://sayonara-nukes.org
にアクセスして多くの民衆の声を結集する。きょうの五万人集会はそのためのスタートであることを。                       (櫻井 智志)
posted by 風の人 at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック