2011年07月16日

菅首相による脱原発依存の記者会見を閣僚が批判――情けなし

菅首相による脱原発依存の記者会見に閣僚、野党が文句を言っています。

中野国家公安委員長などは事前説明がないことなどを批判。沖縄県民の頭越しに、普天間基地の辺野古移設を日米の閣僚が勝手に決めたのが、昨年の5月28日です。事前説明したらどうか。

玄葉光一郎国家戦略担当相は「原発をゼロにするなら国民的な大議論が必要で、短編急に結論を得る話でない」と語っています。国民的な大議論、是非お願いしたいものです。

鳩山首相の時の普天間基地県外・国外移設のように、脱原発を葬り去ることは許されない。


太田光征
http://otasa.net/


posted by 風の人 at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。