2011年06月19日

何やら昨年の鳩山包囲網に似てきたが

毎日新聞の山田孝男氏は下記論説で「ペテン師と宇宙人の仲たがいに関心はない」と書いているのですが、私には大いに関心があります。

風知草:党より地球の存続を=山田孝男 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/seiji/fuchisou/news/20110606ddm002070082000c.html?inb=yt

鳩山前首相は孤立無援の中、普天間基地の県外・国外移設という公約を葬り去られました。首相の公約に反して県内移設という迷走に走った前原前外相、北澤防衛相らの主張が通り、迷走閣僚ではなく、なぜか首相が辞任に追い込まれたのです。

いま菅首相は自然エネルギーの促進、脱原発という方針を明確にしつつあります。世論調査の結果も確実に脱原発に向っていることが明白です。

自民党などの野党はおぞましくも、菅内閣の下では協力できなどとして、特例公債法案や第二次補正法案など、被災者支援法を人質に政争をしかけています。

菅首相の下で震災復旧・復興、被災者支援に協力できない理由などありません。

菅首相以外なら、大連立もあり得るのだと自民党などは言います。震災対応で協力するのであれば大連立など不要です。大連立で一体何をやるというのでしょうか。

菅首相の辞任とともに、自然エネルギーの促進、脱原発を道連れにさせてはいけません。鳩山氏はこの状況をどのような心境で見ているのでしょうか。仲たがいしている場合ではないでしょう。それとも鳩山氏はこの期に及んでも原発を推進したいのでしょうか。


太田光征
http://otasa.net/


posted by 風の人 at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。