2011年04月07日

自民党は原発推進政策を反省・謝罪したのか

原発を推進してきた者たちが「緊急建言」の中で今回の事態を招いた責任を認め、謝罪しています。

福島原発事故についての緊急建言
http://peacephilosophy.blogspot.com/p/blog-page_31.html

翻って自民党はどうか。民主党との大連立を推奨するものではありませんが、原発災害を含む危機を収束させるために民主が呼びかけている大連立を拒否する資格など自民にはないでしょう。自民はまず原発推進政策の誤りを認め、謝罪すべきです。

社民党の福島瑞穂さんは、大連立内閣を原発事故隠蔽内閣と形容しましたが、まさにその通りです。


太田光征
http://otasa.net/


posted by 風の人 at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。