2011年03月17日

斉藤武一さん「日本の悲劇」の英文を海外へ

みなさまへ  (BCCにて転送転載歓迎)松元

北海道から発信された斉藤武一さんのメッセージを札幌の泉かおりさんが英文にしてくれました。海外への発信をお願いします。下記に再度日本語を貼り付けておきます。

=========

《日本語》
a.. 日本の悲劇.docx b..
c.. 《英文》
d.. Japan Tragedy.docx
Download all
kaori shared 2 online files with you and they're saved on
SkyDrive. To view these files, just click the links above.

======転送転載歓迎=======

16 March 2011
Japan’s Tragedy ? Tohoku Earthquake and Fukushima Nuclear Plants
Japanese are not informed of the truth

Takeichi Saito
Representative, Iwanai Nuclear Plant Study Group
Hokkaido, Japan

Introduction

The ten nuclear power reactors of the Fukushima Daiichi Nuclear
Plant are falling into serious problems after one another. We
Japanese are not informed why such accidents are happening.
Neither are we informed of the real tragedy to come. Even now
the power company, the government, experts on nuclear power
energy and the media are hiding the truth from the Japanese
people, continuing deceiving us.

1. Weakness of Fukushima Daiichi Nuclear Plant

There are two types of nuclear reactors, the pressure type (PWR)
and boiling type (BWR), and the Fukushima Daiichi nuclear
reactors are the latter. There are two weaknesses in the BWR.
One is that the control rods, which should function as a break,
are inserted from the bottom. Control rods are in the shape of a
bamboo spear, and hang under a pressure vessel. They are pushed
up by water pressure, but this is difficult during an earthquake
when the control rods are shaking. In Fukushima during the
recent earthquake, the rods were ‘fortunately’ inserted and the
nuclear reactor stopped. The Japanese people were not informed of
this fact. The second weakness of BWR lies in its circulation
pump, which circulates the water inside a pressure vessel. In
the BWR structure, the circulation pump is hanging outside the
pressure vessel. For this reason BWR is extremely vulnerable to
vibration caused by an earthquake. A circulation pump has the
important function of cooling down the nuclear fuel rods. The
reason they failed to cool down the nuclear fuel rods in
Fukushima lies in this structural weakness of the circulation
pump. We Japanese people were not informed of this fact.

2. Emergency generator taken away by Tsunami

In a normal situation, nuclear reactors are run by power
generated by the nuclear power plant itself. When a nuclear
power plant stops at the time of an earthquake, this internal
power runs out first. When the internal power is exhausted,
power is supposed to be supplied through power cables connected
to external power sources. However, due to the earthquake this
failed. In the case of a such a failure, an emergency diesel
generator is supposed to be switched on. But the huge Tsunami
had taken away the building where the generator was stored.
Tokyo Electric Power Co. hid this important fact simply because
the generator did not function. The battery ran out shortly,
halting power, and thus the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant
stopped functioning, leading to a total power failure. A similar
serious incident of a power failure had already happened on the
17 June in 2010 in Fukushima Daiichi reactor No.2. They left it
as it was without taking any measures.

3. Why massive leakage of radioactive substance?

We are not informed of what kinds of fuel are used in nuclear
plants. One of the fuels used is Uranium fuel and today a high
4.8% concentration level of Uranium is used. It is called high
reaction fuel. When you burn the high reaction fuel, the level
of radioactivity of radioactive fallout increases. Furthermore,
spent high reaction fuel produces more decay heat than low bun up
fuel. Fukushima Daiichi No.3 nuclear reactor uses high reaction
fuel of Uranium together with Plutonium fuel. Plutonium burns
harder than Uranium and, therefore, the level of radioactivity of
radioactive fallout is high, and so is the temperature of decay
heat from spent fuel. Massive radioactive substance was emitted
when the reactor containment exploded, and hydrogen was produced
because the used fuel contained a high quantity of radioactive
fallout. A high level of 400 mSv was measured around the
Fukushima Daiichi reactor No.3, because high reaction Uranium
fuel and Plutonium were used. Japanese people were not informed
of this fact. The devastating risk of the radioactive fallout
was hidden.

4. Spent nuclear fuel exploded

Hydrogen was produced from the spent nuclear fuel stored in a
pool at the Fukushima Daiichi reactor No.4, and three of them
exploded. Why it did explode? Another truth was hidden about
this explosion. Nuclear plants produced massive amounts of
radioactive fallout. In Japan storage of such spent nuclear fuel
has become a big problem. Due to the absence of storage
facilities, when the earthquake happened, the pools were packed
with radioactive fallout. Thus the amount of decay heat released
from spent nuclear fuel was much higher. Because of the power
failure, it was no longer possible to circulate the water in the
pool. As a result, the water in the pool gradually evaporated,
spent nuclear fuel was exposed above water level, and hydrogen
was produced from the decay heat and exploded. In other words
radioactive fallout was packed in the pool beyond its storage
capacity, and this led to a greater damage. They hid information
of this fact from Japanese people.

5. The difference between internal and external exposure

Hydrogen explosions happened several times, and radioactive
fallout is falling in Fukushima region, which is gradually
reaching Tokyo. But experts on nuclear power, the government
and the media are repeating that there is no risk to human
health. In their explanation they continue deceiving the people
by stressing that the level of radioactivity released in the air
is much lower than the exposure received from X-rays. Exposure
from outside, such as from x-rays, is called external exposure.
What is a greater concern for health is internal exposure,
because in internal exposure we inhale radioactive substances and
are exposed inside the body. Both the government and experts are
deliberately treating internal and external exposures are the
same, deceiving Japanese people by saying that there is no harm
to human health.


6. The risk of internal exposure
External exposure is a momentary exposure. If the amount of
radioactivity is high, the risk of cancer gets higher. On the
other hand in case of internal exposure the radioactive substance
is gradually accumulated in the body over a long period of time.
In this process immune cells are destroyed and genetic cells are
harmed. Therefore, even a small quantity of radioactivity can
affect health. In case of internal exposure cancer develops 10
or 20 years after exposure. What is scary with internal exposure
is that if we inhale tiny dust which is invisible, the risk of
developing cancer grows without us knowing about it. The
government, experts and the media have not informed the people of
this risk.

>From Japan’s tragedy to the global tragedy

Many people are exposed to radioactive substances without knowing
it. Children are at higher risk. The genetic damage to children
affected by internal exposure will harm their health 10 or 20
years later. Our tragedy has just started. It has started but
people in Japan have not been informed of these potential risks.
Japanese people are not able to save their own people. Many
people in Japan are appealing to the government on the tragedy.
But the government does not tell us the truth. The tragedy of
Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant is already developing to a
global disaster. I am appealing to the people in the world. I
sincerely appeal to the world that all the nuclear power plants
should be closed down.


Note:
Takeichi Saito was born in 1953 in Iwanai, Hokkaido, Japan. He
is the representative of “Iwanai Nuclear Power Plant Study
Group”. He has been measuring the temperature of sea water
near the Tomari Nuclear Power Plant in Iwanai every day in order
to study the impact of the Tomari Nuclear Power Plant on the sea.
On the 28 March 2011, we will celebrate the 33th anniversary of
his activity on water measurement. He is a self learnt barefoot
scientist who published articles and books on nuclear power
plant, its impact on the nature and people’s lives. He is
trained and has worked as a nursery teacher. Today he runs a
small private tutoring school in Iwanai.
(This article was translated into English by the temporality
named ‘Citizen’s Support Network Hokkaido’ which was set up on
the 16 March 2011 in Sapporo ? a group of people who are
concerned over the devastating situation in the areas recently
hit by the earthquake in Japan).


日本の悲劇―東北巨大地震と福島原発
〜本当のことを何も知らされない日本人〜

 北海道岩内原発研究会代表 斉藤武一 (2011年3月16日)

はじめに
太平洋沿岸に並んでいる10基の福島原発が次々と深刻な状態になっている。どんなことが起きているのか、日本人は何も知らされていない。さらに、これから起きる本当の悲劇のことも何も知らされていない。今もなお、電力会社と政府と原子力工学の専門家とマスコミは、本当のことを国民に隠し、国民をだまし続けている。

1.福島原発の弱点
原発には。加圧型(PWR)と沸騰水型(BWR)があるが、福島原発はBWRタイプである。BWRの弱点は二つある。一つは、ブレーキに当たる制御棒が圧力容器の下から挿入されるという点にある。制御棒は、竹やりのような形で圧力容器の下にぶら下がっている。制御棒は水圧で押し上げるが、ぶら下がっているため地震で揺れた時は、制御棒が入りずらいという弱点がある。今回の地震では、「幸運にも」制御棒が入り、原子炉が停止したということを日本人は知らされていない。

そして、二つ目の弱点は、圧力容器内の水を循環される循環ポンプにある。BWRは、構造上、循環ポンプが圧力容器の外にぶらさがっている形になっている。そのため地震の震動に対して非常に脆い。循環ポンプは、燃料棒を冷却する重要な役目があり、今回、原子炉が停止した後、崩壊熱を出し続ける燃料棒を冷却ができなくなった理由は、循環ポンプの弱点のあることを、国民は知らされていない。

2.非常用発電機が津波で流されていた
原発では、通常は内部電力といい原発自身が作った電気を使って運転されている。地震で原子炉が停止すると、最初に内部電力がなくなる。すると、外部電力といい送電線から電力が供給されることになっている。しかし、地震で外部電力も来なかった。

その時は、非常用ディーゼル発電機が作動することになっているが、大津波で発電機のある施設をすべて押し流していた。しかし、電力会社は、津波で発電機が不能になったという程度で、施設そのものが流されていたという重大な事実を隠していた。やがてバッテリーも切れ、福島原発は電気がなくなり、完全に不能となり、電源喪失に陥る。そして、電源喪失という重大事故は、福島第一原発の2号機で、巨大地震の9か月前の2010年6月17日にも起きていた。その反省もないまま放置していた。

3.なぜ放射性物質が大量に放出されたのか
原発で、どのような燃料を使っているのか何も知らされていない。まず、ウラン燃料であるが、現在は4.8%という濃度が高いものをつかっている。高燃焼度燃料というものである。濃度が高いということは、核分裂によって生まれる死の灰の放射性が高まる。さらに、燃えた後の使用済み燃料は、濃度の低い燃料より多くの崩壊熱を出し続ける。

そして、福島第一原発3号機(Iの3号)では、高い濃度のウラン燃料に加え、プルトニウム燃料も使っている。プルトニウムは、ウランよりも激しく燃えるため、死の灰の放射能レベルは高く、燃やした後の使用済み核燃料の崩壊熱も高い。つまり、冷却することができなくなり、燃料棒が推移面から露出して、水素が発生し、格納容器が爆発したとき、大量の放射性物質が放出されたのは、燃料に大量の死の灰が入っていたからである。福島第一原発の3号機の周辺で400ミリシーベルト(mSv)というとても高いレベルになったのは、濃度の高いウラン燃料とプルトニウムによるものである。このことも、日本人には何も知らされていない。プルトニウムから生まれる死の灰の恐ろしさが隠されている。

4.使用済み核燃料が爆発した
福島第一原発4号機のプールに保管してある使用済み核燃料から水素が発生し爆発した。なぜ爆発したのか、これも本当のことが隠されている。日本では、原発が出るゴミである使用済み核燃料が大量に出てきて、その保管に困り果てている。そのため、プールには、昔に比べてぎっしりと原発のゴミが詰め込まれていた。つまり、使用済み燃料全体から出る崩壊熱は、以前に比べて多くなる。電源喪失により、プールの水を循環できなくなり、冷却できなくなり、プールの水がすこしずつ蒸発し、使用済み核燃料が水面から露出し、崩壊熱により水素が発生し爆発した。つまり、原発のゴミの処理に困り果て、プールに異常に詰め込んだことが被害を大きくしたことになる。このことも何も知らされていない。

5.外部被曝と内部被曝の違い
何度も水素爆発が起き、死の灰が福島地方に降り注ぎ、さらに首都東京にも少しずつ届いている。しかし、原子力の専門家も政府もテレビも、健康に心配ないと繰り返している。その際、レントゲン撮影に比べたら低い値だと強調し、国民をだまし続けている。外から放射線を受けるのを外部被曝というが、レントゲン撮影は外部被曝のことである。健康に心配なのは、外部被曝よりも、放射性物質を吸い込み体の中から被曝する内部被曝のほうである。政府も専門家も、わざと外部被曝と内部被曝を同等に扱い、健康に心配ないと国民をだまし続けている。

6、内部被曝の恐ろしさ
外部被曝は、瞬間の被曝である。放射線の量が多ければ、それに比例して癌になるリスクが高まる。しかし、内部被曝の場合は、体の中にある放射性物質が、じわじわと長期間にわたって放射線を出す。そのため放射線によって周りの細胞は破壊される。具体的には、免疫細胞が破壊され、遺伝子が傷つくことになる。そのため、放射線の量がごくごく微量でも、健康に被害が出る。内部被曝の場合は、10年後、20年後に癌にかかるということになる。内部被曝の恐ろしさは、目に見えないごくごく小さなほこりを吸い込み、被ばくしたとは知らないうちに癌にかかるリスクが高まっていくということにある。政府や専門家やマスコミは、この内部被曝の恐ろしさを、まったく国民に知らせていない。

終わりに  日本の悲劇から世界の悲劇へ
本当のことを何も知らされないまま、多くの日本人が放射性物質に晒されています。このままだと日本の子供たちは危ないです。内部被曝した子供たちの遺伝子は傷つき、傷ついた遺伝子は10年後、20年後、子供たちの体に襲いかかってくるのです。悲劇は始まったばかりなのです。悲劇が始まっているのに、その悲劇を日本人は知らされていません。日本人が日本人を救えないのです。日本人の多くが、政府に悲劇を訴えかけております。しかし、なかなか日本政府は本当のことを言いません。福島原発の悲劇は、すでに全世界の悲劇へと発展しています。全世界の人たちに心より訴えかけます。全世界で原発を一刻も早く停止するようにこころより訴えかけます。


------------------------------------
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841 札幌市清田区清田1-3-3-19
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29@ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538 
------------------------------------


posted by 風の人 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。