2010年12月24日

「たちあがれ日本」に連立を打診した菅政権の危険な野望

                     櫻井 智志

 政局は流動的であるから、決定されたわけではない。しかし
ながら、よりによって保守党の中でも時代錯誤とも言える改憲
や軍国主義に近い「たちあがれ日本」に、連立を呼びかけると
は。

 この状況になって、菅直人総理の実際的素顔がようやく透け
て見えてきた。菅氏が総理になった頃に、渡辺治氏だったろう
か、発言してきたことが現実のものとなってきた。その発言と
は、菅氏は、長期政権を望む野望をもっているという趣旨であ
る。そのためなら、どのような政策も選択肢に入れて、ともか
くも政権延命のためのあらゆる手段を講ずるし、政策や政治理
念ではなくて、第一に権力意志を固守し続けるだろう。このよ
うに受け取れる発言と覚えている。

 菅氏は、社会民主連合を政治生命の第一歩としているが、私
は同時期に、社民連は、右翼社会民主主義であるととらえてい
た。社会党と共産党などの共闘を妨害する右翼社公民路線、と
いうとらえかたである。あれから時代は変わったし、市川房枝
さんの応援団として溌剌とした菅直人さんには、一定の共鳴感
を覚えてもいた。ただ、市川房枝さんの周辺にいた人々からは
、陽性の菅さんが権力主義者的な側面をもつことも指摘されて
いた。厚生大臣となってからの相次ぐ活躍を知る私たちには、
総理になってからの変貌は信じがたい失望であった。

 小沢一郎氏を政治的に切り捨てていくことと引き替えに、菅
政権を延命させる密約が政界の水面下でなされていたと解釈し
たら、うがちすぎであろうか。

 これから、政界はどうなるのであろうか。仮に「たちあがれ
日本」が連立を受容したとしたら、平沼代表や石原慎太郎応援
団長などの軍事大国路線に政権は引きずられていくことも予想
される。与謝野馨氏のような合理主義者もいるから、一概に全
面否定はできないが、政権交代した頃の民主党政権は見る影も
なくなる。さらに、もし連立が成立しなくとも、公明党やみん
なの党などとの連立でなく、いきなり「たちあがれ日本」に政
権の一翼を要請した事実自体が、菅政権の政策の方向性に大き
な反動的な方向性を与えるだろう。

 菅政権になってから、政権交代した頃の鳩山・小沢政権は大
きく後退した。
 外交安保路線は、東アジア共同体構想から遠ざかり、日米同
盟重視に強く傾いている。内政でも後退が続いた。八ツ場ダム
中止政策は、ずるずるとなし崩しにされている。環境エネルギ
ー政策でも後退が続いている。総選挙で公約した環境エネルギ
ー政策は経済産業省の主導で次々に骨抜きにされている。
 このような政策全般の菅直人氏の偉大なる(?!)転向は、
もはや自民党政権でも果たし得なかった政策をも次々に実施し
えるだろう。憲法を改定するくらいの防衛問題の転換さえ粛々
と進めている菅政権は、もしかしたら、そんなことなどほんの
序の口で、政界の改憲潮流の大同団結を推進して、長期延命政
権を展開していくのではあるまいか。政治的理念は皆無で、権
力意志だけは強固ならば、それは日本に新たな時代をもたらす
。私は、ワイマール憲法下でドイツ帝國をつくりあげたアドル
フ.ヒットラーの再来をイメージする。そんなことが杞憂に収
まるために、菅政権を厳しく監視する必要がある。同時に、民
主・自民大連立構想の勢力にも油断はできない。
 選ぶべき政党や政治勢力が沈滞していても、前述の政治的な
危険潮流にアンチ勢力である政治家は必ず存在する。これから
先にある岐路に、せめて非軍事大国主義に近い側を選びたい。
 仕掛けられたかのような中国漁船問題、朝鮮半島武力衝突、
米日軍事演習とあいついできな臭くなってきた政治情勢は、日
本の政治を親軍国主義に傾けている。中国やロシアを肯定して
韓国やアメリカを非難する、という問題ではない。あいついで
めまぐるしく変わる軍事的問題の報道によく吟味してよく考え
、報道されないニュースの隅々を拾いながら、世界情勢のひと
つひとつの全体像を自らの思考で考え続けたい。歴史の教訓は
、戦前の日中戦争の開始の謀略やベトナム戦争北爆のきっかけ
となったトンキン湾事件の謀略があった。現在、再び仕掛けら
れた謀略がないという保証は、ない。
posted by 風の人 at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。