2010年05月15日

よみがえる芝田進午さんの反核平和文化の闘い

winmail.dat
哲学者であり、社会学者でもありつつ、思想家としても
大きな足跡を残された芝田進午さん。氏が逝去されたことは
その独自の創造的な学問が閉ざされることで、大きな痛手で
あり、なおかつ損失でもあった。

 しかし、芝田進午氏がご逝去された後も、氏の社会的実践
は明確に跡を継承するかたがたがいる。
 ひとつは、住宅密集地の新宿区戸山に移転を強行した国立
感染症研究所の実験差し止め裁判を、芝田さん亡き後も最高
裁まで上告し闘い続けた裁判の会の皆さんたちである。
 そしてもうひとつ。「平和のためのコンサート」である。
今年も芝田進午氏夫人である芝田貞子さんが芝田先生の遺志
を継承して、今年も第11回平和のためのコンサートを、6
月12日(土)に新宿区牛込箪笥区民ホールで開催される。
詳細は「平和のためのコンサート」ホームページにくわしい。

http://homepage2.nifty.com/bio-anzenken/index-c.htm

 私はほぼ毎回このコンサートを広く世間の皆さんに知らせた
いと思い、記してきた。
 だが、それはコンサートの告知作業を目的としているわけで
はない。実践的唯物論哲学を構築され、さらに人類生存のため
の哲学をめざす途上でご逝去された芝田哲学を、亡くなった後
も、その実践面で継承し続けるかたがたがいる、という事実。
 私自らは、バイオハードを予防し阻止するための社会運動に
加わってはいない。平和のためのコンサートにも、いわば傍観
者のひとりである。
 だが、学生時代に著作に感動して、別の用事でご自宅を訪問
して、じかにお会いしてから、芝田進午さんのおひとがらに、
氏の著作『人間性と人格の理論』が目指した理論と同様に、解
放された人格をひしひしと感じた。
 芝田氏自らが「唯物論を体現したとしたら戸坂潤という人格
となる」と紹介されたように、「人間性と人格の疎外から解放
された人格」を体現した人間像として、芝田さんご自身が該当
されよう。そのことを氏を直接知る多くの良心的知識人や実践
家がおっしゃるのを聞いた。

 今回も「平和のためのコンサート」がやってくる。それは私
にとり、芝田さんの平和的文化運動を継承し続けている存在が
健在であることの証である。私は、できるかぎりこれからも、
このコンサートの意義を伝えようと考えている。
 毎回コンサートの前の第一部は、お二人の朗読とともに詩人
橋爪文さんの講演『広島からの出発』である。詳細は先に記し
たホームページにつまびらかである。
                (櫻井 智志)


posted by 風の人 at 22:15 | Comment(2) | TrackBack(1) | 一般
この記事へのコメント
6月12日の平和のためのコンサートに参加させて頂きましたものです。そのご縁でこちらのページにたどりつきました。
私は港区の芝に再開発騒動が持ち上がった時に住民運動を立ち上げ、社会の矛盾に直面し、いまも活動の輪を広げています。日本が平和な、命を大切にする国であるようにと願い、その中で景住ネット・NPO区画整理再開発全国連絡会議・まちぽっと・港9条の会他の方々と交流を持つことが出来ました。この出会いも大切にしたいと思っています。
Posted by 酒井麻吏 at 2010年06月16日 13:39
酒井さん、コンサートをご鑑賞いただきまして、喜ばしい限りです。今回は特に聴衆のかたがたの数も多かったですね。
港区の再開発に取り組まれていらっしゃるとのこと、どうぞご健闘ください。ありがとうございます。
Posted by 櫻井智志 at 2010年06月29日 18:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

 岡田外相が核軍縮要求、「心配ない」と中国外相
Excerpt: 岡田外相のことはこのブログではよく批難しているのですが この件については評価、強く支持します。 中国の核のこと、日本の政治家はもっと批判するべきだと思います。 岡田外相が核軍縮要求、「心配ない」と中..
Weblog: 政治
Tracked: 2010-05-16 06:45

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。