2009年10月04日

民主党と川崎市長選

                      櫻井 智志
 政権を獲得した民主党は、地方自治体首長選でも勢いを見せてい
る。そんな中でも、川崎市長選は、独自の動きがみられる。

 革新統一の伊藤三郎市長から高橋清市長へと続いた。その流れに、
民主党衆議院議員川崎市内から選出された松沢成文氏は、自分の推
薦する阿部孝夫氏を川崎市長候補へと押し出した。
 阿部孝夫氏は当選した。徹底的な労働組合への圧力がかけられた。
旧総評系の労組には、圧力という言葉ではすまない働きかけがなさ
れた。川崎市役所の機構改革も進んだ。やがて阿部氏を自民党や公
明党も支持して、対立候補は共産党推薦候補だけとなった。阿部氏
を推薦した松沢氏は、神奈川県知事に当選して現職である。

 十月二十五日の川崎市長選に向けて、現職市長は、総選挙で圧勝
した民主党に単独推薦を願い出た。民主党は県議員の福田紀彦氏が
無所属となって立候補を表明した。福田氏は、松沢成文氏が代議士
時代の公設第一秘書を務めた人物である。阿部市長の態度に激怒し
た自民党は、阿部氏の支持を行わず、別の候補者を立てようとして
いる。今回の川崎市長選は、民主党の福田氏、自民党系列の候補者、
共産党が推薦し、前回も立候補した岡本一氏、そして連合が推薦し
た現職である。

 一見、別々の流れのように見える松沢氏、福田氏、阿部氏と一つ
のつながりの輪にある。自公政権が倒れたいま、民主党の権力政治
家たちが、自治体首長の座をねらい虎視眈々としている。たとえ民
主党でも、国民の救国の願いをもとに国政の転換に私心なく取り組
んでいる政治家もあろう。一方では、民主党でなければ政治家でな
いような冷静さを失った熱風が吹き荒れている。

 このような中で、庶民ひとりひとりが社会的窮状から救われるた
めには、賢明な政治的判断に基づく一票が求められている。


posted by 風の人 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

民主党
Excerpt: 平和への結集第2ブログ: 民主党と川崎市長選笑っていいのか泣ける話なのか民主党の後期高齢医療制度対策 その2 ... 奇怪なポルポト小沢の発言 「幹部以外の一般民主党議員は野党」 - 外資 ...
Weblog: 矢島美容室 振り付け 動画
Tracked: 2009-10-04 22:52

 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
Excerpt: 09年10月5日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・ JNN世論調査{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・ G7?G4 と日本の地方選{/arrow_r/}(ここから..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2009-10-05 20:00

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。