2009年08月22日

自民党が8月22日に配布したパンフレット

                         櫻井  智志



 きょう家のポストに自民党が配布した宣伝のためのパンフレットが入って

いた。表紙には、『知ってドッキリ 民主党 これが本性だ!!民主党には

秘密の計画がある!!民主党にだまされるな!』と書いてある。

 概要を見出しを中心に書き出そう。



第1章  民主党と労働組合の革命計画

○「教育は“現場の判断”」の罠

民主党INDEX2009(抜粋)として

学習指導要領の大綱化をあげ、「ここがコワイ!!」として、民主党の教育政

策は、日教組の主張そのみのです、としている。

民主党の教育政策は、愛国心のない国をつくり、社会主義化しようとする日

教組の主張を推し進めることだと非難している。

○「子ども手当」支給の罠

民主党マニフェスト抜粋として子ども手当創設と農山漁村再生の個別所得保

障制度をあげている。「ここがコワイ!!」として、

これらの支給は担当の自治体公務員を増やすことにつながり、公務員を増や

せば、労働組合の勢力を拡大させ、勤務時間内の違法な組合活動や政治活動

が横行する、としている。そしてそのことが、労働組合が自分たちの思惑通

りに進めるための革命計画に、民主党は加担しているとしている。



第2章  日教組 教育偏向計画

○「学校理事会」の罠

○「教員免許更新制度」見直しの罠



この章でも、民主党と日教組とをやり玉にあげて、民主党は日本人の誇りを

失わせ、学校を政治闘争の場にしようとしていると決めつけている。



第3章  日本人尊厳喪失進行中

○「対等な日米関係」の罠

○歴史、伝統、国益にかかわる「取り組み」の罠



民主党は、靖国神社、従軍慰安婦、戦争責任にまつわる問題について我が国

を貶める国家観、歴史観を民主党の主張のいたるところで押しつけている、

としている。



 ここまで自民党が、政策論争どころか民主党への誹謗中傷とデマ攻撃をく

りだしていることに、驚きを禁じ得ない。投票日までまだ1週間もある現在

で、このようなネガティブ・キャンペーンに入りかけている。

 今回の総選挙でも、マニフェストが精巧な数値を競っているけれども、日本

をどのような国家として世界平和秩序に位置づけるかはおそまつな情勢の中で

このように貧弱なデマ攻撃しか行い得ない政権与党のパンフレットに情けない

思いがする。
posted by 風の人 at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック