2009年07月12日

都議選へのささやかな願望

                               櫻井 智志

 都議選の開票は順調に進んでいる。投票率も低かった前回よりは上回っていると報道された。

 東京都の民主党は、新自由主義が強固で以前から、信頼をもてないでいる。菅直人氏は別格として。それでも、私は自公両党よりも民主党のほうをましと考える。

 政権与党の自民党への批判はむろんだが、公明党にもお灸をすえてほしいものである。
 自民党の保守反動はわかっている。平和や福祉の党として、公明党が国会や都議会でやってきたことはなにか。国会でも都議会でも、両方とも、自民党を延命させ日本の政治を悪くさせてきた加担者ではないか。かつて創価学会も公明党も、いざという時は平和と福祉を選ぶ団体だと思い込んでいた時期もあった私には、もはやだまされまいという気持ちが強い。

 共産党、社民党はふえてほしい。なんといっても、木訥すぎるほどに政治信条に誠実な左翼両党が伸びなければ、都議会は変わらない。それどころか悪くなるばかりである。さらに、国政に与える影響も強い。自民党公明党政権は、もう二度とごめんだ。

 なによりも、国政革新への重要なてがかりとして、都民の良識に期待したい。


posted by 風の人 at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。