2009年04月03日

映画「ジョン・ラーベ」の日本公開を求める署名

 「南京の真実」の著者、ジョンラーベの奮闘を描いた映画「ジョン・
ラーべ」が、ドイツに続き中国で公開されます。ベルリン映画祭でも好
評を博した映画ですが、日本公開がまだ決まりません。

 南京事件が背景になっているのですが、日本の残虐行為を告発する映
画ではありません。「困難な状況下で行なわれた人道的行為を描いた作
品」です。蛮行をやめさせようとする日本人の士官も出て来ます。架空
の人物ですが。

 ヨーロッパの実力派俳優の他、日本からは松井司令官役に柄本明、朝
香宮鳩彦親王役に香川照之、 若い士官役にARATA(架空の
人物) など、個性派が出演しています。

 お金をかけたハリウッド的なつくりで、 純粋に映画として面
白そうです。
それなのに配給先が決まらないのは、「靖国」のトラウマでしょう
か。 興行的にも充分いけると思うんですが。

 そこで、知り合いが公開を求める署名を始めました。 このサ
イトは友人に紹介できる機能もついていますので、 皆さん是非
よろしくお願いします。
http://www.shomei.tv/project-897.html

 川西玲子
posted by 風の人 at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック