2009年03月31日

2009.3.30 吉岡和江さんの回答 ★ 鎌倉市議選アンケート

吉岡和江様、皆様

この度は、早速のご回答を感謝いたします。
慎んでご回答を掲載すると共に、広く転送させて頂きます。

ありがとうございます。


「未来は僕らの手の中プロジェクトin鎌倉」
http://www.econakoto.net/kamakura-mirai
連絡先 豊田義信
kamakura0mirai(a)gmail.com ← (a)を@に。



★★★★★★
日付: Tue, 17 Mar 2009 13:09:24 +0900
差出人: "日本共産党鎌倉市議団"

豊田 義信さん

         2009年3月30日
      遅くなりましたが、アンケート送ります。
        日本共産党鎌倉市議団  吉岡和江

-------------------

2009年3月30日
「未来は僕らの手の中プロジェクトin鎌倉」様
日本共産党 吉岡和江
アンケートへのご回答

《問1》
 4期16年間、子どもたち、障害者、高齢者、中小業者など市民の目線で、すみやすいまちをめざしてがんばってきました。この4年間は、特に平和、水害対策・生ごみのバイオガス化、遺伝子組み換え問題など環境・まちづくり・障害者自立支援法や介護保険、後期高齢者問題、保育園の待機児対策、食教育などくらし優先の市政実現に力を入れてきました。平和都市宣言50周年を向えた今、この精神を市政のすみずみまで広げ、鎌倉の歴史的遺産を守り、国の悪政の防波堤となり、市民生活優先の市政目指して力を尽くしたい。こんな思いで次の4年間、全力投球する決意です。


《問2》
 世界有数の経済力を持ちながら深刻な雇用問題に象徴される国民生活の破壊の現実、地方自治体は悪政の防波堤となって、住民の福祉向上に努めなければなりません。
 小泉構造改革の破綻が目に見える形で問題となっています。市民生活を守る視点で市民の皆さんが自らの問題意識で積極的に市政に取り組み、その市民の声が反映される市政になるよう頑張りたい。いつでも皆さんと一緒に行動し、共に考える市政であってほしい。
市民生活と生活環境を大切にする市政、これからの鎌倉を担う若者たちも安心して住める住宅政策の推進、鎌倉の宝とも云うべき緑と景観を保全し、歴史が生きるまちづくりなどを大きく前進させる必要があります。市民の皆さんとご一緒に努力しながら、前進できることを願ってがんばります。


《問3》
@ ・ 脱焼却をめざし、分別の徹底、生ごみの資源化
・ 脱原発をめざし太陽光発電等自然エネルギーの活用を促進し、環境を保全します。
・ 武田新研究所遺伝子組み換え実験施設の市民への情報公開と安全性を求めます

A ・ 中学卒業まで子どもの医療費の無料化と、所得制限をなくします。
・ 保育所や学童保育を増設し、待機児をなくします。
・ 少人数学級の拡大、日の丸・君が代の押し付けをやめさせ、教育現場の豊かな実践を応援します。

B ・ 653人を超える待機者解消のため、施設計画の見直し特養ホームを増設します。
・ 障害者自立支援法の応益負担廃止などを含め障害者や作業所への公的支援を拡充します。
・ 後期高齢者医療制度の廃止と市独自軽減制度の創設

C ・世界遺産登録をめざすにふさわしい都市計画の確立と開発事業に対する規制の強化
・ がけ崩れ、水害等まちの総点検と災害対策の強化

D ・平和都市宣言を市政に貫く基本理念として、これを行政全般に生かした市政を運営するとともに市民の平和推進運動を支援します。


《問4》選挙に役立つ、オススメサイト等
  日本共産党鎌倉市市議団のホーム・ページがあります。
http://www.jcp-kamakura.jp/


posted by 風の人 at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。