2009年02月09日

ガザ封鎖の解除を求める米国ユダヤ人の署名運動

皆様

アメリカ発の署名運動ですが、もしまだでしたら
ご協力をお願いします。(重複していたらすみません。)

大分 佐藤

===============================

ガザ署名1 ガザ署名2




<<「ガザの封鎖を解除しなさい」とオバマに求めて下さい>>
      (平和を求めるユダヤの声)
[パン]

見つけることができる唯一のパン屋の前で列に並んでいる間、
ムハンマドド・サルマンは言った、「僕は一家が2日保管できるものを
買うところだ、電気も冷蔵庫もないのでね。それ以上は置いておけないんだ。」

それは1月のこと、昨年の1月。

今、多くのガザのパン屋は閉まっている、なぜならムハンマドの一家のように、
パン屋には電気がなく、中には小麦粉さえないところもあるから。

イスラエルのガザ封鎖のためパレスチナ人は、
尊厳を持って暮らし、パン、清潔な水、医療品、電気などの
最低限の生活必需品を手に入れることが、
その頃、既に不可能となっていた。

この状態は何の偶然でもない。これは公けの政策だ。
エフード・オルメルト首相の官房長官ドブ・ヴァイスグラスは、
腹蔵なく話していたときに、こう言ったそうだ。
「パレスチナ人は今よりずっとやせるだろうが、死ぬことはないだろう。」

この予言は真実だった。昨年4月にユニセフは、ガザにいる
5歳未満の子どもの50%以上が貧血で、また多くの子どもたちが
ビタミン欠乏のため成長が阻害されている
と報告した。

それでは今は?

1、285人ーそのうちほぼ70%が民間人であるーを殺し、
少なくとも4,000戸以上の家を破壊し、50,000人以上を
仮設テントに送ったあの包囲が原因でガザがまだくすぶっている今でも、
イスラエルの封鎖は解除されていない。

先行き不明な停戦が現在行われており、人道的援助物資は流入し始めている。

しかし、市民生活のインフラは壊れている。ガザの境界はイスラエルに
管理されている。だから、あの包囲の間、爆撃と砲撃を避けるために
逃れることができなかったのとちょうど同じように、今も彼らは食糧、燃料
を得るために包囲の外に出ることができない。

店が壊れずに残ったパン屋がパンを作るには、あるいは
家が破壊されずにいる家族が食べ物を冷蔵するには、
電気が十分でない。

パレスチナ人は近くの海でとれた魚を子どもに食べさせることすらできない。
沖合のイスラエルの砲艦が、ガザの漁師たちを海に出ないようにしておく
警告をするため、ひとしきりの砲撃を何度も行い、突然激しく機銃掃射
して、
封鎖を力づくで実施し続けている。

もし我々が封鎖を終わらせず、世界の注目が他の危機に移ってしまって
時間が経てば、150万人のガザの人たちは相変わらず栄養不足で、
適切な医療、燃料、飲み水もなく、閉じこめられたままである。
イスラエル側も、南に住む人たちは、ハマスのカッサム・ロケットが
頭に落ちてくる脅威でさらに安全ではなくなる。

ガザのパレスチナ人が、子どもを守り、家族に食べ物を与え、そして
自分達の家、あるいは多くの者にとりテントの前の、その数フィートより
先を動き回る、それらの権利を奪われている間は、
この地域の永続的な平和と安定は、不可能な夢にすぎない。

==================

まだあなたが署名していなければ、これに署名して、
「封鎖を解除しなさい」とオバマにはっきり告げてください。
署名した人は友人に知らせて下さい。お願いします。

署名ページ:
http://salsa.democracyinaction.org/o/301/petition.jsp?petition_KEY=1814

First Name* ファーストネーム
Last Name* ラストネーム
Email* メールアドレス
Zip/Postal Code* 郵便番号ですが、日本の方は「00000」を入力
Country* プルダウンリストからJapanを選んでください

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<オバマ大統領への公開書簡>
 
 ガザ封鎖の解除以上のことをオバマ大統領に求める
 公開要請状に署名をお願いします。そしてあなたと
 同じ考えのお友達も誘ってください。オバマに、彼が
 私達にした「希望」の約束を果たすように求めて下さい。
 
 ..............................
 
 親愛なるオバマ大統領
 
 あなたの大統領就任はアメリカと世界において新しい時代の始まり
 となっています。大統領になるという困難さに立ち向かい、
 また私達はその可能性があるとは思いつつ、それでも
 勝利を確信できなかったのですが、あなたはその予想さえ裏切り、
 私達にまた希望を持つことを教えてくれました。
 
 しかし今、ガザにおける危機によりあなたは、
 その地の状況を本当に進展させることで
 私達の希望に応えるよう、求められているのです。
 そしてはっきりさせておきたいのは、あなたに投票した私達は、
 ただ希望するだけに終わらない、という点です。
 
 私達はあなたに投票したアメリカ人であり、
 互いに反対の世界に住むパレスチナ人とイスラエル人です。
 私達はガザとイスラエルにおいて、苦しまぬ日のない、
 女であり、男であり、子ども達で、
 そしてまた私達は、彼らの苦しみを癒そうと願う者です。
 私達は兵士の母であり、兵役拒否者の子ども達です。
 私達はユダヤ人であり、イスラム教徒であり、
 キリスト教徒であり、無神論者です。
 その私達はいま1つになって、あなたへ求めます:
 
 ・どうか、ガザとイスラエルの人々のための平和を支援
  して下さい。
 
 ・ガザ封鎖を終わらせることをイスラエルに迫り、
  ガザの人たちが食糧、薬、燃料、生活必需品を得られる
  ようにして下さい。
 
 ・ハマスを含み、あらゆる人に話してください。イスラエルの
  元外相、故アバ・エバンは「敵との会談により平和を生み出す」
  と言いました。このことは今日まさにあてはまります。
  アメリカの大半のユダヤ人さえ、イスラエルの「最悪の敵」
  との交渉すら支持しています。
 
 ・会談したことを行動に移してください。その行動とは
  ガザへの武器密輸とイスラエルへの米国の軍事支援の、
  両方の監視を含みます。これらの兵器が殺しているのは
  ほとんど、子どもと民間人なのです。
 
 ・「ピース・プラン」を支持してください。世界の57ヶ国は、
  イスラエルとパレスチナの両方に独立と支援を与える、
  この計画を支持しています。
  ピース・プラン支持者はいつまでも米国を待ってはいません、
  しかし米国抜きには実現しません。それはそれほど明白です。
  
 オバマ大統領、私たちは希望し続け、そしてあなたの努力を
 支持し続けます。どうか、私達を失望させないで下さい。
 どうか、あなたがした希望の約束をかなえてください。
 
 署名者一同
posted by 風の人 at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック