2019年11月10日

安保法制違憲訴訟やまなしによる「公正な裁判と判決を求める」署名行動(一次締め切りは2019年12月20日)

署名用紙その3.docx
皆さま  (重複ご容赦ください)

 安保法制違憲訴訟やまなし(略称:あんぽなし)では、来年に予想される結審の日を見据えて、甲府地裁民事部・裁判長裁判官の鈴木順子氏宛に「公正な裁判と判決を求める」署名行動を実施する事に致しました。
 この行動によって、広範な市民の皆さまに明らかな憲法違反である安保法制に関心を高めていただくと同時に、裁判官としての職責への忠誠と人間としての良心を喚起する事を目的とするものです。
 札幌地方裁判所では全国に先駆けて、違憲立法審査権を軽んずるような「人権のとりで」として恥ずべきだと言える、原告団の請求を退けるという結論を出しています。
 全国22の地方裁判所等で提起されている安保法制違憲訴訟については、各地裁の裁判官がそれぞれどのような判断の示し方をするのかについて疑心暗鬼の様相を呈しているとも言われています。
 そこで、私たちあんぽなしでは、そうした状況に一石を投じ、事態の好転化をも目指して、今回の甲府地裁裁判官宛に提出する署名集めを民意の表れの一つとして示すべく開始するものです。
 あんぽなしの原告及び賛同人に至るはもとより、各位の友人知人、親戚、近隣に至るまで、ありとあらゆる伝を頼って、出来る限り多くの署名を集めて頂きますよう心からお願い申し上げる次第です。ご協力をよろしくお願いいたします。

安保法制違憲訴訟やまなし
原告団長・金野奉晴 事務局長・中村ひで子
追伸:署名用紙を添付いたします。
     署名の送り先は下記です。
     事務局:北杜市高根町東井出1802‐1 市民ひろば
           安保法制違憲訴訟やまなし

-------------------

以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 12:37 | Comment(0) | 一般