2017年10月30日

【12月16日(土)】レイバーフェスタ 2017 詳細決定!? 3 分ビデオ・川柳募集中

 今年のレイバーフェスタ2017の詳細が決まりました。チラシも11/1に仕上がります。み
んなで成功させましょう。チラシ申込みは→https://labornetjp.jimdo.com/tirasi

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●レイバーフェスタ2017〜勝負はこれから!文化が熱い
→ウェブサイト http://www.labornetjp.org/news/2017/1216kokuti

 2017年10月の激動の「総選挙」が終わった。またしても自公の圧勝で「改憲勢力」が勢
いづいている。しかし立憲野党と市民がぎりぎりのところで踏んばった。勝ってはいない
が負けてもいない。トランプ大統領の「暴政」で、なんだか本当にキナ臭くなってきた世
界と日本。私たちの生活も、長時間労働・低賃金・不安定雇用でいっこうによくならない
。そんな閉塞状況を吹き飛ばそう。「戦争・差別・貧困」社会ではなく「平和・人権・民
主主義」の社会を! さあ今年もレイバーフェスタで元気をもらおう。楽しい企画が満載
です。

12月16日(土)10.00〜16.30(開場9.30)
 東京・田町交通ビル6階ホール(JR田町駅「芝浦口」徒歩3分)港区芝浦3-2-22
参加費 一般当日1700円
    前売・予約1500円
    失業者・障害者(一律)1000円
    学生・20歳以下 無料
予約・問合せ レイバーネット日本
 TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578
 メール予約 http://labornetjp.jimdo.com
主催 レイバーフェスタ2017実行委員会

●プログラム
9:30 開場
10:00 映画『弁護人』上映
   木下昌明のミニ解説あり
12:10 休憩 50分
13:00 音楽 : たたかいの中に歌がある
  「JAL原告団合唱団フェニックス」など
   運動の現場で生まれる歌や表現を紹介
13:40 公募川柳入賞作発表「2017年を詠む」
14:00 ニッポンのいま?映像と報告
(1)脱原発テント強制撤去から1年
   テントの映像+早川由美子・淵上太郎
(2)市民と野党の共闘/衆院選のたたかい
   衆院選の映像+湯本雅典・鈴木国夫
(3)外国人労働者の叫び
  「だまされるな!技能実習生(ベトナム編)」上映+山村淳平・指宿昭一
15:00 休憩15分
15:15 3分ビデオ20本一挙上映
  −フェスタ名物の目玉企画
16:30 終了
*別会場で17 : 30から「大交流会」を行います。飲食代実費。

●演目紹介

★韓国映画『弁護人』2013年/ヤン・ウソク監督 /127分
 この映画、昨年(2016年)私がみたベストワン。娯楽映画として堪能できたうえに、人
間が生きていくのに何が大切か??という基本が凛と一本貫かれていた。さらにフィクシ
ョンでありながら、主人公は、大統領にまでなり自殺したノ・ムヒョンをモデルに、若き
日々の人となりを鮮やかに浮かび上がらせていた。高卒の彼が苦学しながらいかに弁護士
になったか。それも金儲け第一の俗物弁護士に成り上がったのに、あることをきっかけに
法廷で権力を敵にまわして堂々とわたり合う闘士にまで変貌していく。あることとは、権
力の都合で政治犯にデッチ上げられたフツウの学生を救うために??。
 時は1980年代、韓国の軍事独裁の時代。国家保安法(日本の共謀罪法にそっくり)をめ
ぐって、国家とはなにか、憲法とはなにか、と一歩もひかない法廷シーンには圧倒されよ
う。国家の暴走が止まらない今の日本の私たちに強烈に迫ってくる映画。韓国では観客動
員1,100万人を記録した。(木下昌明)

★音楽 : たたかいの中に歌がある
 「歌がないから闘いが盛り上がらない」「面白くないから闘う意欲がわかない」という
声が聞かれます。頑張っているのに活性しない社会運動・労働運動・市民運動に足りない
ものは文化。そこで、実際の闘いの現場の中で生まれている歌やパフォーマンスを披露し
ます。「JAL原告団合唱団フェニックス」、「山口正紀のフリップ芸/アベ語辞典」、高校
無償化を求めるソング「声よ集まれ!歌となれ」ほか。

★川柳 :公募川柳入賞作発表  「2017年を振り返る」をテーマに公募した川柳の優秀作
を紹介します。

★ニッポンのいま?映像と報告
 このコーナーでは、ことしの重要テーマを3つ選んで「映像と報告」で振り返ります。
(1)「脱原発テント強制撤去から1年」
 2016年8月21日未明、100名超の執行官・警察による強制撤去。しかしその後もテント活
動は形を変え、創造的に続いています。テント共同代表の淵上太郎さんがアピールします


(2)「市民と野党の共闘/衆院選のたたかい」
 自公圧勝に終わった衆院選、しかし安倍政治ノーの確かな立憲野党もぎりぎり踏ん張り
ました。改憲阻止にこれからどうしたらいいのか。レイバーネット記者の湯本雅典さん・
「市民と野党をつなぐ会@東京」共同代表の鈴木国夫さんが、映像を交えてお話します。

(3)「外国人労働者の叫び」
 現代の「奴隷制」といわれる技能実習生問題。保護政策がないまま「実習生」制度が介
護などあらゆる分野に拡大されようとしています。送り出し先のベトナム現地を取材した
新作『だまされるな!技能実習生−ベトナム編』を上映し、制作した山村淳平さんと弁護
士の指宿昭一さんが語ります。

★3分ビデオ一挙公開
 フェスタの目玉、恒例の参加型企画です。20本の3分ビデオを一挙上映します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●3分ビデオ・川柳 大募集!
 *締切は12/5(火)事務局必着
★3分ビデオ
仕事のこと、生活のこと、社会のこと、言いたいことを3分の作品にまとめて下さい。内
容は自由です。DVDまたはデータを名前・タイトル・連絡先を明記の上、お送りください

★川柳
一人3句まで。テーマは「2017年を振り返っていま言いたいこと」。フェスタ事務局あて
にメール・FAX・郵便でお送りください。当日優秀作を発表します。(HP応募ページ http
://labornetjp.jimdo.com/senryu/)

●賛同人・賛同団体募集
 フェスタの財政を支えてください。ぜひ皆さんのご協力をお願いします。なお賛同者に
は、参加費割引・チラシ折り込み・物販などの特典があります。 賛同金 個人1口 1000
円 団体1口 3000円(以下からも申し込めます) http://labornetjp.jimdo.com/sando/
郵便振替 00150-2-607244 レイバーネット日本

ーーーーーーーーーーーーーーー
●レイバーフェスタ2017実行委員会(責任団体 レイバーネット日本)
 事務局(川柳・3分ビデオの応募先)
 173-0036 東京都板橋区向原2-22-17-108
  TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578
 メール labor-staff@labornetjp.org
 ホームページ http://laborfesta.exblog.jp(フェスタ)
       http://www.labornetjp.org(レイバーネット)
 メール予約 http://labornetjp.jimdo.com

*************************
 松原 明 mgg01231@nifty.ne.jp
  http://vpress.la.coocan.jp/ ビデオプレス
  http://www.labornetjp.org/ レイバーネット
*************************

以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 09:54 | Comment(0) | 一般

2017年10月29日

11/11(土)選挙が変われば政治が変わる 第2回選挙マルシェ(公選法の改正をめざす市民団体の惰報交流見本市)

紅林進です。

公選法の改正をめざす市民団体の情報交流見本市である「選挙マルシェ」が
今年3月11日に開催されましたが、その第2回が11月11日(日)に東京・中目黒
の恵泉バプテスト教会で開催されます。

今回は「若者と選挙」をメインテーマに、2部構成で、第1部では三井マリ子さんによる
「ノルウェーの選挙」についての報告や若者たちによるトークセッションが行われ、
第2部では、各党議員による「僕らも政治家になってみたい?!」と題するシンポジウム
が行われます。

協賛市民団体によるリレートークやブース展示も行われます。

第1回と比べて、今回は協賛市民団体も増え、更にパワーアップしたイベントになります。
選挙が変われば、政治が変わります!
予約や申し込みは不要ですので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
**


(以下、転送・転載・拡散歓迎)
_____________________________

選挙が変われば政治が変わる 第2回選挙マルシェ
公選法の改正をめざす市民団体の惰報交流見本市。

大好評第2回。
今回のテーマは「若者と選挙」。
超党派で各党の意見も聞いてみよう!

*選挙が変われば政治が変わる 第2回選挙マルシェ*
**(公選法の改正をめざす市民団体の惰報交流見本市)

日 時:11月11日(土)11:00〜15:30(2部制・休憩あり)
会 場:恵泉バプテスト教会
    東京都目黒区中目黒3-13-29
    東急東横線「中目黒駅」「祐天寺駅」より徒歩10分
    JR「渋谷駅」東口より東急バス 渋71 洗足駅行「けこぼ坂上」下車徒歩1分
    JR「恵比寿駅」西口より東急バス 恵32 用賀駅行「けこぼ坂上」下車徒歩1分
    地図→https://loco.yahoo.co.jp/place/g-w8iJa8KZDzI/map/
資料代:1000円(学生500円/小学生以下無料)
主 催:選挙マルシェ実行委員会
連絡先:03-3424-3287
    izumi-jokura@outlook.jp

第1部【シンポジウムT】
 〜海外報告〜
  見てきた!民主主義度世界一の国ノルウェーの選挙 三井マリ子さん
 〜ワタシたちも選挙運動をしてみたい!〜
  学生団体 ivote、日本若者協議会、POTETO、東京青年会議所 各団体代表トークセッション 
   
───途中休憩(団体ブース散策)───

【トーク・マルシェ】参加市民団体リレートーク
第2部【シンポジウムU】議員と話そう!
 〜僕らも政治家になってみたい?!〜
 伊地智恭子(社会民主党:多摩市議)
 萩野稔(日本維新の会:大田区議)
 落合貴之(立憲民主党:衆院議員)
 音喜多駿(かがやけTokyo:東京都議)
 小松大祐(自由民主党:東京都議)
 坂井えつ子(緑の党グリーンズジャパン:小金井市議)
 高橋昭彦(公明党:世田谷区議)
 鳴海ゆり(生活者ネットワーク:八王子市議)
 ※日本共産党、希望の党も交渉中 
 司会:日向美砂子(選挙マルシェ実行委員会:小平市議)
 ※敬称略。登壇者は当日変更の可能性もあります。

三井マリ子さんプロフィール
 女性政策研究家。
 フルブライト奨学金で米コロンビア大学MA(修士)修了。
 都立駒場高校教員から都議会議員(2期)。
 都議時代、都に新設させた「セクハラ対策」は全国に影響を与えた。
 法政大学講師等を経て、大阪府豊中市男女共同参画推進センターすてっぷ初代館長、福井県武生市(現越前市)
初代男女平等オンブッドを歴任。
 全国フェミニスト議員連盟を創設し初代代表、「増やそう女性議員、なくそう女性議員ゼロ議会」運動を続ける。
 ノルウェーの暮らしをルポした「世界でもっとも住みやすい町」が週刊金曜日ルポルタージュ大賞佳作入賞(2011)。
 クオータ制紹介など女性差別撤廃条約推進に対して赤松良子賞受賞(2012)。
 『ノルウェーを変えた髭のノラ:男女平等社会はこうしてできた』(明石書店)、『バックラッシュの生贄』(旬報社)『女たちのパワーブック』(かもがわ出版)、『セクハラ110番』(集英社)など著書多数。
 世界の女性ニュースを紹介するブログFEM-NEWSを主宰。

第2回選挙マルシェ協賛団体
学生団体 ivote
Women's Innovaton
変えよう!選挙制度の会
希望の種
希望のまち東京をつくる会
供託金違憲訴訟弁護団護
クオータ制の実現をめざす会
クオータ制を推進する会
草の実アカデミー
公正・平等な選挙改革にとりくむプロジェクト
在日韓国人問題研究所(RAIK)
市民政策調査会
障害をもつ人の参政権保障連絡会
女性参政権を活かす会
選挙検定協会TFE
選挙市民審議会
全国フェミニスト議員連盟
東京・生活者ネットワーク
日本国民救援会
一人一票実現国民会議
100% Go Vote! めざせ100%
「平和への結集」をめざす市民の風
緑の党グリーンズジャパン
リベラル日本研究会
私が東京を変える
※五十音順、その他団体交渉中。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 15:51 | Comment(0) | 一般

2017年10月28日

沖縄の民意

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:12907] 沖縄の民意
Date: Sat, 28 Oct 2017 09:30:29 +0900 (JST)

みなさま
私も気がつかなかったことです。

沖縄の民意(東京新聞27日佐藤優)。
オール沖縄は小選挙区で3勝1敗、1敗は無所属なので比例復活ができなかった。
辺野古反対の民意が弱まったというが違う。
自民・公明は議席を4(比例区4)から2(小選挙区1+比例区1)に落とした。
議席数の比でいえば、4:4が3:2に変わった。

ni0615田島拝

-----------------
以上、転載

太田光征



posted by 風の人 at 18:37 | Comment(0) | 一般

2017年10月21日

東京電力役員の福島原発事故責任を訴えた株主を応援ください

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:12841] 東京電力役員の福島原発事故責任を訴えた株主を応援ください
Date: Sat, 21 Oct 2017 05:22:12 +0900 (JST)

野村修身です。

既に投稿したお知らせですが、期日が近くなりましたので、訂正捕追して再投稿します。

このお知らせはいくつかのメーリングリストに投稿します。転載を歓迎します。ダブって見ていられる方には申し訳ありません。

福島第一原子力発電所が大事故を起こし、東京電力株式会社は会社としても多大な損害を蒙ったわけですが、この責任は当時の経営責任者にあることが明白です。そこで、東電の株主の有志は、会社に損害賠償をするように、当時の経営責任者に対して裁判を起こしました。これが「株主代表訴訟」です。

この裁判の原告である株主の有志が勝ったとしても、認められた賠償金は東京電力株式会社が得ることになり、原告である株主の有志には来ませんが、賠償金のすべてを福島原発事故の被害者救済に使うことを、裁判の目的にしています。

今回は最後に近い時間の裁判であり、次回は午後というように、口頭弁論の期日を多く入れて、裁判の迅速化を図っています。この裁判を取り仕切っている裁判長は、来年早々にも判決を下す覚悟をもっているように感じますので、この裁判長の態度を出来るだけ活用し、歴史的な裁判を成功させるため、多くの方が裁判を傍聴して応援くださるように、どうかよろしくお願いします。
_________________________________________________
NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st@jca.apc.org
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(案内ビラより抜粋)

<東京電力株式会社の株主有志による株主代表訴訟の第36回口頭弁論(裁判)>

日時:2017年10月26日(木)16時30分より
場所:東京地方裁判所103号法廷
交通:地下鉄東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞が関」駅A1出口徒歩1分、有楽町線「桜田門」駅5番出口徒歩3分

[注]今回は遅い時間の裁判なので、裁判報告会および学習会はありません。

<連絡先>東電株主代表訴訟
電話:090−6183−3061(木村)
e-mail: nonukes0311@yahoo.co.jp
blog: http://tepcodaihyososho.blog.fc2.com/

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 09:15 | Comment(0) | 一般

2017年10月20日

北朝鮮の核脅威を選挙に利用する安倍政権

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:12837] Re: 交差点前30秒演説(1):北朝鮮
Date: Fri, 20 Oct 2017 12:40:27 +0900 (JST)

太田さん、皆さん

戦争・破滅か平和・繁栄かが根本!
保守・金死か革新・命生かが結果!

北朝鮮問題を選挙の前面にも関し:

北朝鮮の核についてトランプの圧力一辺倒を「一貫して支持する」「必要なのは対話ではなく圧力だ」として、過去の交渉・圧力は全て失敗し「唯一のモノしか効かない」と主張・脅迫するトランプを支持しているが、この二人だけが異常・例外的に対話を排除し軍事攻撃を辞さず世界指導者達の中の例外で、識者・論壇は対話・交渉が必要であるとしている。

軍事攻撃・北朝鮮の反撃で初日に百万人死ぬとはスタンフォード大学の推計であるが、原発・基地を攻撃され、まして核攻撃・核応戦となれば百万では済まず、核戦争は日中ソを巻き込み放射能・爆撃塵は世界を覆い核の冬・世界終末となる。軍事攻撃は北朝鮮は金政権崩壊・国家滅亡と受け取られ全力応戦となり途中で止める事などできない。

圧力を強めて核兵器を明らめさせて交渉に入ることは、「核を持っていなかったからサダム政権のイラク崩壊がなされた。核を持たなければそれを防げない」と信じて核とミサイルの開発を急いできたので、それはあり得ない。

国民・国家の安全を本当に望むなら与野党国民全体が話し合い解決をはかるべきであり北朝鮮との交渉の具体的計画も提示せず、中ソなど関係国と話し合いもせず、トランプと連絡を取り彼一辺倒の阿部政権は唯Jアラートで国民に恐怖心を植え、米国から武器を買いその事故にも基地問題等にも無策である。

朝鮮戦争休戦中の米韓演習に日本まで参加して、しなければ敵視されることはないのに、敵国視されている。一旦軍事攻撃・衝突があれば、多くの原発と基地を持っている日本は原発・基地・中枢機構・都市も狙われその被害は計り知れない。

権力者としては外に敵を作り・内を味方にし・力(支配力・軍事力:トランプの勧めで原爆保持など)を増したいだろうが、選挙の為に危機を煽って、宿願の憲法改悪(自衛隊:世界第七位の軍隊を九条に追加訂正で実質訂正前を無効化)して戦争法・秘密法・共謀法・緊急事態条項発動で独裁に向かいたいのであろう。選挙後は希望の党の小池・前原が一昔前に話し合っていた大連立をして、自公希維心の大連合のもって行きたいだろうが、危険が大いに懸念される。そのような事になれば韓国も核武装・中国と周辺諸国の国境問題・米国の世界支配は極東に緊張・危機を生み国民・国家は益々核戦争の危機に巻き込まれる。戦争か平和かが問題・解答!

どこでもどのようでもご利用ください。


魯参


2017-10-19 21:09 GMT-05:00 OHTA, Mitsumasa >:

[転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]

訴え切って形勢を逆転させましょう。

北朝鮮が他国に先制攻撃すれば米国の反撃で崩壊するので、自殺行為。米国の先制核攻撃戦略に対抗する北朝鮮のミサイルそのものより、米国が北朝鮮を先制攻撃し、安保関連法の下、自衛隊が参戦して反撃されることが危険なのです。米国追従か、米国に北朝鮮攻撃を止めさせる平和外交かが争点。


太田光征

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 18:50 | Comment(0) | 一般

2017年10月03日

「希望の党」立候補予定者が小池代表と締結する「政策協定書」

以下は、「希望の党」立候補予定者が小池代表と締結する「政策協定書」である。
すでに脱原発は消え、集団的自衛権行使の安保法制容認、憲法改正、
外国人地方参政権反対、が書かれている。また金銭の党への提供を求めている。

この驚くべき協定書に民進党議員はサインするのだろうか?

*注 以下の協定書は最初の案で、その後トーンを若干落とした内容に変更しているよ
うです。

http://www.labornetjp.org/news/2017/1002kibo 

===

希望の党 小池百合子代表殿  政策協定書

私は、希望の党の公認を受けて衆議院選挙に立候補するに当たり、以下を遵
守すること、当選した場合には希望の党の所属する会派に所属して国会活動
を行うこと、希望の党党員として政治活動を行うことを誓います。

1 希望の党の綱領を支持し、「寛容な改革保守政党」を目指すこと。

2 限定的な集団的自衛権の行使を含め安全保障法制を基本的に容認し、現実
 的な安全保障政策を支持すること。

3 憲法改正を支持すること。

4 2019年10月の消費税の10%への引上げについては凍結を容認すること。

5 外国人に対する地方参政権の付与については反対すること。

6 政党支部において企業団体献金を受け取らないこと。

7 本選挙に当たり、党の指示する金額を党に提供すること。

8 希望の党の公約を遵守すること。

     年  月  日    第48回衆議院選挙 立候補予定者 (署名)

-----------------

以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 09:38 | Comment(0) | 一般