2016年12月30日

#高江 #辺野古【年末年始】読みたい記事・見たい動画・読みたい本

-------- Forwarded Message --------
Subject: [CML 046228] #高江 #辺野古【年末年始】読みたい記事・見たい動画・読みたい本
Date: Thu, 29 Dec 2016 21:31:37 +0000

《拡散歓迎》
#高江 #辺野古【年末年始】読みたい記事・見たい動画・読みたい本

読みたい記事

◆高江&沖縄北部 この1年
沖縄2紙ファイルから、正月休みに読みたい記事を抜粋しました。上書き改訂することがあります
http://twitdoc.com/74L2

・「嵐去りて1〜5」沖縄タイムス 12/24〜28
・「北部。この1年。」沖縄タイムス 12/27 琉球新報 12/28
・「高江、記者の5ヶ月」琉球新報 12/21
・「岐路 辺野古県敗訴と基地強化」琉球新報 12/21〜28
・「辺野古工事再び強行」
・「未来は私たちのもの」山城博治 
など収載
-

観たい動画

◆翁長知事の発言13分
12月22日「オスプレイ撤去を求める県民集会」
https://www.youtube.com/watch?v=7IwIozJRR4k

◆三上智恵監督 沖縄撮影日記マガジン9 
残酷な12月〜オスプレイ墜落と高江完成と辺野古再開まで〜
http://www.magazine9.jp/article/mikami/31744/
怒涛の12月まとめ 動画11分
https://youtu.be/tLms19dzZtM

◆瀬長亀次郎_報道の魂SP 2016年8月21日
49分
goo.gl/OxbzDq
-

読みたい本
◆矢部宏治、「日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか」

年末年始もフォローしてください
◆琉球新報/https://twitter.com/ryukyushimpo
◆沖縄タイムス/https://twitter.com/theokinawatimes
 
◆OTVニュース/http://www.otv.co.jp/newstxt/
◆RBCニュース/http://www.rbc.co.jp/news/
◆QABニュース/http://www.qab.co.jp/news/
◆NHK沖縄/http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/
-

ni0615田島拝
https://twitter.com/ni0615
https://www.facebook.com/naoki.tajima.90

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

<9.25沖縄シンポジウム ヤマトンチュの選択 ――問われる責任、その果たし方>の映像記録

-------- Forwarded Message --------
Subject: [CML 046241] <9.25沖縄シンポジウム ヤマトンチュの選択 ――問われる責任、その果たし方>の映像記録
Date: Fri, 30 Dec 2016 22:12:33 +0900

前田 朗です。
12月30日

事情があって大変遅くなりましたが、<9.25沖縄シンポジウム ヤマトンチ
ュの選択 ――問われる責任、その果たし方>の映像記録がアップされました。
https://www.youtube.com/watch?v=SztVfYDawqo&app=desktop

2016年9月25日14時〜 東京しごとセンター講堂
高橋哲哉さん(東京大学大学院教授)
成澤宗男さん(ジャーナリスト、週刊金曜日)
前田朗さん(東京造形大学教授、ファシリテータ)
コメンテーター
新垣毅さん(琉球新報記者)
芦澤礼子さん(元衆議院議員秘書)
木村辰彦さん(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年12月28日

山城博治氏の釈放を求める刑事法研究者の緊急声明(第一次発表)

-------- Forwarded Message --------
Subject: [CML 046199] 山城博治氏の釈放を求める刑事法研究者の緊急声明(第一次発表)
Date: Wed, 28 Dec 2016 13:57:03 +0900

前田 朗です。
12月28日

拡散歓迎

本日午後1時、第一次集約を締め切り、声明を発表しました。第二次集約は1月
中旬の予定です。下記にプレスリリース及び声明をアップしました。

山城博治氏の釈放を求める刑事法研究者の緊急声明
http://maeda-akira.blogspot.jp/2016/12/blog-post_27.html

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年12月15日

【12月15日16日17日18日】#高江 起こるべくして起きたオスプレイ墜落事故

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:10327] 【12月15日16日17日18日】#高江 起こるべくして起きたオスプレイ墜落事故
Date: Thu, 15 Dec 2016 09:20:28 +0900 (JST)

《拡散歓迎》
【12月15日16日17日18日】#高江 起こるべくして起きたオスプレイ墜落事故

在沖米軍代表(4軍調整官)ニコルソン中将は言った。
「人を死なせなかったパイロットには感謝すべき」。
そりゃそうだろう。
欠陥機オスプレイには無茶な、夜間の空中給油訓練をさせて、
事故を引き起こさせた。
そう、軍法会議の被告になったかもしれないニコルソンに、
寸止め、いっときの延命をもたらしたのだから。
https://twitter.com/ni0615/status/809048006523633664
-

【報ステ】「オスプレイ」浅瀬で大破、胴体着陸も-1
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20161214-00000064-ann-pol

【報ステ】「オスプレイ」浅瀬で大破、胴体着陸も-2
http://5.tvasahi.jp/000090085?a=news&b=np

米軍が説明した事故の経緯。
https://twitter.com/ni0615/status/809184124057456640
-

目取真俊「海鳴りの島から」
完成には程遠い米軍歩行訓練道路の現状
http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/566b04946dc3d67c7ab875345325c1c3
-

目取真俊「海鳴りの島から」
墜落したオスプレイの破片・部品回収作業
http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/f3fcfb5437b0c0c534cfd008561e2a40
-

チョイさんの沖縄日記
とうとうオスプレイが墜落した!---船を出し、海上から監視を続ける /
22日の北部訓練場部分返還式典の中止を!
http://blog.goo.ne.jp/chuy/e/7cec923388b0b3f815e879b06f72ce2e
-

現場からtwit-cas
◆におあつしさん
http://twitcasting.tv/atsushi_mic/movie/330342848
◆大袈裟太郎さん
http://twitcasting.tv/oogesatarou/movie/330346228
写真
https://www.facebook.com/oogesa?fref=pb&hc_location=friends_tab&pnref=friends.all
-

情報フォローしてください
◆琉球新報/https://twitter.com/ryukyushimpo
◆沖縄タイムス/https://twitter.com/theokinawatimes
 
◆OTV/RBC/QAB
◆NHK沖縄/http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/
-

◆やんばる高江 支援便利メモ(2016.12.12改訂)
http://twitdoc.com/upload/ni0615/takae-memo.doc
◆リーフレット「高江におけるオスプレイパッドの建設」
https://m.facebook.com/story.php


ni0615田島拝
https://twitter.com/ni0615
https://www.facebook.com/naoki.tajima.90

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年12月10日

警察の「職務質問」は一体どこまで正当なのか

ご紹介です。

警察の「職務質問」は一体どこまで正当なのか | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
http://toyokeizai.net/articles/-/148046

太田光征
posted by 風の人 at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年12月06日

クオータ制と政党主権

選挙におけるクオータ制実現には拘束名簿式比例代表制が不可欠というのは致命的な思い込みです。非拘束名簿を分割して一方に女性、他方に男性を搭載するだけで、簡単に男女ジェンダークオータは実現します。原発に賛成と反対の議員が入り混じっているなど、政党の体を成していない現在の政党の執行部が決める「政党主権拘束名簿」で主権者の候補者選択権を奪う必要などありません。

オーストラリアなどの単記移譲式比例代表制(優先順位付き投票で得票し過ぎた上位選好候補者の票を得票の足りない下位選好候補者に移譲)における政党推薦の順位付けでも、クオータはほぼ実現します。しかし、これも拘束名簿の思想です。

クオータ制は、私が提案している非拘束名簿の分割で実現できます。分割数によって男女ジェンダーだけでなく、3種以上の候補者カテゴリーが可能となります。

クオータ制と政党主権の抱き合わせ販売は、特に今日の日本において本当に不幸です。私の見るところ、上記の思い込みに合わせた後付けの理屈として政党主権を主張している方がいると推測しています。確信的に抱き合わせを狙いたい方もいるでしょうが。



なお、私は無所属候補を差別する単純比例代表制には反対です。無所属候補も単純比例代表選挙に参入できることをもって無所属候補を差別していないということにはなりません。小選挙区制が少数政党などに配慮していないのと同様です。

政党候補が単純比例代表選挙で議席を獲得するということは、政党名簿ではなく政党候補者に対する投票だけを認める比例代表制を考えてみれば分かるように、議員1人の当選に要する当選基数(参院選であれば約100万票)を超える得票をした候補者、当選基数に満たない得票の候補者の「選挙互助」によって、通常は「候補者の一部」を当選させるというものなのです。落選した政党候補者は「選挙運動員」という意味合いを持ちます。

ところが無所属候補が単純比例代表選挙で当選するためには、1人で当選基数を超える得票をする必要があります。ある無所属候補と同じ主張をする運動員が複数いれば、当該候補が単独では当選基数に満たない得票をするような候補であっても、運動員の得票と合わせれば当選ラインに達する可能性があります。

これだけの考察で分かる通り、選挙における当選=選好度の測定というものには幅があって、選挙運動の多寡が候補者に対する選好に大きく影響するものなのです。

従って、無所属候補が必ず当選基数を超えなければ有権者からの選好を勝ち得ていないとはいえないわけで、無所属候補に「当選の幅」を許容する必要があります。

無所属候補の当選基数を引き下げるのも一案ですが、私は「当選の幅」を許容する制度として、まずは中選挙区比例代表併用制を提案しています。

中選挙区比例代表併用制を提案する
http://kaze.fm/wordpress/?p=164

国政規模の場合は中選挙区などに区割りをしますが、地方議会などでは一区でも通用するところがあるでしょう。一区の場合で中選挙区比例代表併用制の骨格を説明すれば、通常の多数代表制と同じように投票し、無所属候補が当選圏内に入れば当該無所属候補を当選させ、残りの議席を各党(候補者グループ)に得票数に基づいて比例配分するというものです。

この骨格に政党名簿投票などを少し肉付けするだけで、理想的な場合には死票をゼロにできます。なお、無所属候補を当選させた有権者による政党名簿投票は、二重の投票価値を防ぐために基本的にカウントしません。

ご意見いただけると幸いです。


太田光征
posted by 風の人 at 00:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 一般