2016年05月31日

安田純平さんを救おう!6・6官邸前緊急市民行動

Date: Tue, 31 May 2016 20:57:21 +0900

高田健です。
6・5を成功させ、つづいて6・6を。

【拡散希望】
安田純平さんを救おう!6・6官邸前緊急市民行動
Save Yasuda Junpei!
6月6日 月曜日
時間 18:30?19:30(予定)
場所 首相官邸前 最寄駅 国会議事堂前駅
主催:解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会・WORLD PEACE NOW
------------------------------------------------------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【声明】舛添都政の終焉にみる粛清の形と脱原発統一候補予定者への結集の呼びかけ(市民グループ「私が東京を変える」)

紅林進です。
私も関わっています市民グループ「私が東京を変える」では、
代表の山口あずさ名で、下記声明を出しました。
なお私自身は、タイトルの表現としては、「脱原発」だけではない、
もう少し広い意味での野党統一候補と考えますが。
(以下転送・転載・拡散大歓迎)
======================================

【声明】舛添都政の終焉にみる粛清の形と脱原発統一候補予定者への結集の呼びかけ

舛添都知事へのバッシングが喧しい。
その有り様は、猪瀬前都知事選がその地位を追われた姿に酷似している。
そもそも、実力も人望も持ち合わせがなかった人物が、東京都知事の地位を与えら
れ、不都合が生じれば首をすげ替える。
独裁国家なら、銃殺にでもするところ、たてまえとしてであれ、民主国家はそのよう
な残虐な真似はしない。が、実質的にどう違うのか?恥の多い形で失脚させられた政
治家は、その政治生命は絶たれることになるだろう。
もちろん、人品卑しき 者であるこ と自体は、自らの責任であり、身から出た錆に違い
ない。しかしながら、このような有様を許していること自体、日本の、東京の、民主
主義が真の意味で実現されていないことの証左であろう。

私が東京を変えるは、石原慎太郎元知事が、都政を投げ出した2012年に、市民の力で
都知事を生み出すという流れを受けて、結成された。
このときに、「脱原発」も含めた、都政を都民に取り戻す、民主主義を取り戻すため
の統一候補として、宇都宮けんじ氏を応援した。
そして、2014年、猪瀬前知事が風前のともしびとなって、ほぼ辞任が確実となったと
きに、いち早く、宇都宮けんじ氏に対し、再び立候補のお願いをした。
残念なことに、宇都宮氏は共産党であるという熱心な報道があり、言 わば野党統一候
補であった宇都宮氏に対し、野党統一候補ではないという印象付けが行われ、この流
れにまんまと乗せられる形で、細川氏が擁立されることになった。
文字通り、脱原発候補は二人誕生し、結果は、ご承知のとおりである。
この轍を2度と踏むことはできない。
その思いは、細川氏を応援した本来は志を同じくする脱原発の皆と同じであろう。
私が東京を変えるは、呼びかける。

友よ、再び宇都宮健児氏の元に結集しよう!

付言するに、この対立は、どちらかがどちらかに謝罪するという性質のものではない
だろう。市民派がある一定程度の力を持とうとするときに、その分断を図る手練手管
に通じた人たちが存在することは間違いのない事実である。わたしたちは、 仲間内の
争いを止め、なにをおいても賢くあらねばならない。

そして、今、安保法制の成立を受け、立憲主義と平和主義が危機に瀕する中にあっ
て、わたしたちが武器を磨く者でないことを先達に感謝する。
わたたちは不完全ながらも民主主義を手にしている。わたしたちが武器ではなく、自
らの主張を言論によって行い得るこの権利こそ、まさに、人類の多年にわたる自由獲
得の努力の成果であろう。そして、過去幾多の試錬に堪へて守りぬかれたこの権利
を、わたしたちは後の世に引き継がなければならない。

舛添知事にまつわるさまざまな報道は些事に過ぎない。
三たび巡りきた機会を最大限に生かし、宇都宮健児氏の元に結集し、あるべき都政を
都民が手にするため、一致 団結しよう!

私が東京を変える
代表
山口あずさ


=======================
私が東京を変える
http://watashiga.org/

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月28日

【5月28日】講演会 電力自由化2か月の今?「私」の選択とスマートメーターのご案内

講演会 電力自由化2か月の今〜「私」の選択とスマートメーター
http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/20160528


 電力小売の自由化がはじまりました。新電力に切り替えた人、切り替えない人、いろいろな方がいます。私たちは二度にわたって電力自由化の勉強会を行って来ました。今回は電力自由化2か月の時点での現状と課題を議論します。実際に切り替えてみた人々からも、新電力の印象を聞きます。
 また、自由化に伴って進むスマートメーターの導入について、不安を持つ方も根強くいます。健康被害やプライバシー、さらにはスマートメーター利権に関連する企業の癒着について山本二郎さんからうかがい、どう向き合っていくかを、考えていきます。スマートメーターはなくても電力自由化はできます! ぜひ、ご参加下さい。

 体験談:「私」の選択:新電力会社を選択した人(数名)
 スマートメーター問題:山本二郎さん 電磁波問題研究会・会員

2016年5月28日(土)19:00〜20:45

東京ボランティア・市⺠活動センターA・B会議室
JR飯田橋駅⻄口を出て右に曲がり、右側前方のビル:セントラルプラザ10階。
地下鉄(有楽町線・東⻄線・南北線・大江戶線)飯田橋駅「B2b」出口より
  セントラルプラザ1階に直結しています。

参加費 500円
連絡先 kimihiko̲ootsuru@yahoo.co.jp 電話 080-6540-6320(大津留)

主催:私が東京を変える http://watashiga.org/tokyo/
電気代一時不払いプロジェクト http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/

チラシはこちらからダウンロードしてください:
http://chechennews.org/sharedoc/fubarai/20160528_bira.pdf

お待ちしています!
posted by 風の人 at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月22日

高根町:今日も行く軽トラ隊

13221469_1018435144911248_5090006618288344338_n.jpg-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:8362] 今日も行く軽トラ隊
Date: Sun, 22 May 2016 14:03:55 +0900 (JST)

皆様
マスコミが盛り上げない選挙ムードを
軽トラ隊が盛り上げて回っています。
昨日は高根町。今日は大泉町を回りました。
皆さんの町でも如何ですか?
何かやれることを実施しましょう。
何かやれることがきっとあります。
ターゲットは無関心層、棄権族。
投票に行くことが確実な、あなたの仲間と
集会とデモを繰り返しても票は増えません。
演説は無関心層の耳に入りません。
仲間以外に働きかける何かをしましょう。
公示日まで後31日しかありません。
金野奉晴
**

以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月21日

【2016年5月24日】日比谷野外音楽堂で狭山事件の集会

市民集会の案内

弁護士 中山 武敏


5月24日午後1時から日比谷野外音楽堂で狭山事件の集会が行われます。
このたび新しく狭山弁護団に加わってくださった小林節先生(慶応大学名誉教授、憲法学者)が挨拶をしてくださいます。私が脳梗塞で倒れて入院した時に、家族以外で真っ先に駆けつけてくれたのも小林節先生でした。
当日は、集会に4,000人の市民、国会議員が参加予定で、狭山事件の再審を求める市民の会の事務局長を務めているルポライターの鎌田慧さんもアピールされます。

 狭山事件は今、重要な時期に入っています。
石川 一雄さんは53年前の5月23日に逮捕され、一審で死刑判決、二審で無期懲役の判決を受けました。31年7ヶ月もの獄中生活を余儀なくされました。
私は第二審の最終弁論で「部落に対する集中見込捜査」を担当し、当時の捜査は部落差別による見込捜査があったことは明らかであり、石川さんは無罪であると主張しました。しかし、寺尾正二裁判長は判決で部落差別の問題に全く言及しませんでした。
 これまでに、100万筆を超える再審開始を求める署名が東京高裁に提出されました。


現在、裁判所、検察官、弁護団による三者協議において、裁判所が東京高検の検察官に証拠開示の勧告を行い、これまでに185点の証拠の開示がされました。
石川さんが逮捕当日に書いた上申書や録音テープ等の証拠が弁護側に開示され、石川さんが脅迫状を書いていないことや、自白の疑問、証拠の捏造が次々と明らかになっています。
 弁護団は、筆跡鑑定や法医学者の鑑定など、石川さんの無実を示す新証拠も182点提出しています。

 皆さんの多くのご支援が必要です。
ぜひ集会に参加をいただき、世論を盛り上げていただきたいと思っています。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【5月20日】文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ 金子勝 ヤベイノミクスを止めないとエライことになる!

「金子さん、銀行に不動産投資が増えて、都心のみ不動産バブル、東京の港区、千代田区などは熊本の6倍以上であり、他方エンゲル係数も増えて、金子さんこんなバブルは東京オリンピックまで持たない、あぶく銭が不動産投資に回り、庶民の所得は増えず」

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:8346] 文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ 金子勝 ヤベイノミクスを止めないとエライことになる!
Date: Fri, 20 May 2016 15:23:41 +0900 (JST)

 永岡です、文化放送ラジオ、大竹まことの紳士交遊録、慶應の金子勝さんが出られて、先週は汚職、腐敗のことであり、オリンピックと、安倍氏とプーチン氏の関係、甘利氏の疑惑、高市氏の疑惑、舛添氏を入れて不潔3兄弟(甘利氏、高市氏、舛添氏)、室井さんもっといる(SM大臣、うちわスキャンダルetc)、3兄弟で済まないと言われて、しかし今日の本題は、ヤベイノミクスであり、なぜかと言うと、岡田氏が消費税増税延期を言ったのは、目先にとらわれて、世論調査では消費税増税延期は多いものの、先に言っても民進党は勝てない、本当は再延期して、アベノミクスを続けるかであり、室井さんパナマ文書もあり、それどころではない、大竹さん、リーマンショックでないと上げないというのを取り上げられて、金子さん、安倍総理は一昨年の選挙で再延期なしと言ったので、岡田氏の言い分は安倍総理の助け船になり、他方、野党は消費税を上げろと言えないが、2012年の3党合意→安倍総理がバラマキでこれをアウトにして、トリクルダウンなし、社会保障アウト→消費税増税延期でも景気は良くならず、マイナス金利も含めて、IMFも批判し、安倍総理は自分が消費税増税延期
を言いたくなく、他のところから言ってもらって上げないようにしたい。

 スタジオでも、岡田氏に与するのではないが、安倍総理は一昨年延期といい、それを封じるためとあり、しかし金子さん、再延期ではダメ、ドアホノミクス失敗だからこうなった、争点はなぜこうなったかと追及すべきと言われて、安倍総理に消費税増税延期をする動機を与えるのはまずい。

 室井さん、日曜討論でも増税賛成と見られると言われて、金子さん、アベノミクスの対案、増税分を社会保障に当てるのは対案、シャブ漬けを止めて、エネルギー転換、地方の投資をするなど、変えるビジョンを出さないと、世論調査の1位2位は景気と社会保障、原発と戦争準備法案は3位以下と言われて、室井さん、民進党には対案は出せない、今の安倍政権のおかしさを出すべきと言われて、金子さん、閣僚のデタラメを野党は追及すべきと言われて、室井さん、野党はいいところでパンチを入れないと言われて、金子さん、ストレートに突っ込まず、甘利氏は8月に時効、パナマ文書の追及も民進党はしないのかと言われて、そしてドアホノミクス失敗を認めないと、もっと金融緩和したら、リスクだけ上がり、日銀も黒田氏寄りのみで破綻しないかと言われて、金子さん、銀行に不動産投資が増えて、都心のみ不動産バブル、東京の港区、千代田区などは熊本の6倍以上であり、他方エンゲル係数も増えて、金子さんこんなバブルは東京オリンピックまで持たない、あぶく銭が不動産投資に回り、庶民の所得は増えず、アメリカも円安にするなと言っており、日本の株も息切れして、日曜討論
で稲田氏はトリクルダウンを否定し、竹中平蔵氏も嘘をいい、日本はみんな嘘をいい、「今の日本では正直者が犯罪者になり、このスタジオにいる人はみんな犯罪者になる、立ち止まって考えないと、エライことになる」、室井さんも舛添氏のこと、入れた人は考えてほしいと言われて、甘利氏は地元で落選運動も起こっていると締めくくられました。以上、金子さんのお話でした。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月19日

5/21被ばく労災問題春闘集会

福島原発事故5年で初の被ばく労災認定
原発労働者は要求する! 国・東電・原発企業は健康被害に責任をとれ!
5・21春闘集会

【日時】2016年5月21日(土)18:00-21:00
【場所】文京区民センター2A会議室
   東京都文京区本郷4-15-14
   地下鉄「春日駅A2出口」徒歩2分、後楽園駅4b出口」徒歩5分
   http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754
【主催】被ばく労働を考えるネットワーク

【発言内容および発言者】
収束・除染作業労働者からの現状報告:池田実(原発・除染作業員)
被ばく労災認定・損害賠償をめぐる問題:
 川本浩之(神奈川労災職業病センター)、木下徹郎(弁護士、労働弁護団)
国は労災を認めよ!梅田原発労災裁判の状況:
 梅田隆亮(原告、元原発労働者)、岡部史卓(弁護士)

【主旨】
 昨年10月、収束作業に入った労働者の被ばく労災が初めて認定されました。しかし、厚労省は「科学的因果関係が証明されたわけではない」と強調し、メディアもそれをそのまま報道したことにより、一部では「収束作業で被ばく労災なんてデマ」という言説も聞かれました。
 しかし、この労災認定は、労働者本人に関する様々な検査データをもとに、専門家からなる「電離放射線障害の業務上外に関する検討会」で審査され、「放射線業務に起因したと判断することが妥当である」と結論されたものです。厚労省のミスリードと、それに追従したメディア、被ばく労災を否認したい者たちの恣意的な発言は看過できません。
 このような言説は、放射線のリスクをきちんと説明されておらず、社会的な理解も不十分な中で、労働者が労災をきちんと認識し申請することを妨げる圧力となっています。労働者自身が被ばくのリスクを知り、労災制度を知ることで、申請の権利を行使することが重要です。
 この集会では、かつて労災認定を勝ち取った長尾裁判などの経験を踏まえ、今回の労災認定をきちんと解説し、厚労省のミスリード問題を明らかにします。
 そしてこれまで原発で働いてきた労働者が、自ら目にした原発労働の問題を告発するとともに、労災による発病で健康と生活を破壊され、その後の労災認定・損害賠償をめぐっても理不尽な扱いを受けている元原発労働者が、自らの現状を報告します。これまで原発で働いてきた労働者が、今働いている労働者に、国・東電・原発企業に、そして社会に訴えます。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月16日

5.21原発事故被害者集会/7.18 これ以上海を汚すな!いわき集会(仮)

告訴人・支援者のみなさま

◆5.21原発事故被害者集会◆
『ただちに公判をひらけ!東電3被告の刑事裁判』『汚染水放出告発 福島検審は起訴議決を!』 
日時 2016年5月21日(土) 14:00〜16:00
場所 千駄ヶ谷区民会館(原宿駅徒歩8分)
主催 福島原発刑事訴訟支援団・福島原発告訴団
プログラム
14:00 開会
・告訴団・支援団の現状報告
・被害者の証言
・みんなで歌おう
16:00 閉会
*福島からバスがでます
8:00福島駅西口、9:00郡山教組会館
・乗車場所・ご連絡先をお知らせください
・料金は1500円です

◆7.18 これ以上海を汚すな!いわき集会(仮)◆
東京電力の汚染水放出について刑事告発していた事件は、3月29日に福島地検が不起訴処分としましたが、この事件についても検察審査会に申し立てをし、市民による判断を仰ぎます。
7月18日の海の日には、夫婦漫才師ながら東電の記者会見に通いつめ、福島第一原発の状況や東電の事故対応などに精通している、おしどりマコ・ケンさんをゲストに招いた集会を開催する予定です。まだ会場は未定ですが、決まり次第再度ご案内いたします。
日時 7月18日(月曜祝日)午後を予定
場所 いわき市・会場未定
海渡弁護士による汚染水問題の解説も予定しています。

☆☆☆
福島原発告訴団
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
電話 080-5739-7279  Eメール 1fkokuso@gmail.com
ブログ http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月08日

5/11(水)変えよう選挙制度の会・5月例会(テーマ:選挙運動の規制について)@東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋)

紅林進です。
様々な問題を抱える現在の選挙制度や公職選挙法を、民意が正しく反映され、
市民が自由に参加できる選挙制度に変えようと活動しています「変えよう選挙
制度の会」では、5月例会を下記のテーマで5月11日(水)に、東京・飯田橋の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で開催します。
ご関心のあります方ならどなたでも参加できますので、お申し込みの上、ぜひ
ご参加ください。
(以下転送・転載歓迎)
-----------------------------------------------------------------------
変えよう選挙制度の会・5月例会
日時:5月11日(水) 18:30〜20:30
テーマ:選挙運動の規制について
    @選挙運動規制の現状(報告・田中久雄さん)
    A選挙運動規制についての意見交換
     ・今の選挙運動規制のどこが問題だと考えますか?
     ・今の選挙運動規制をどう改善すべきだと考えますか?

会場:東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋)会議室B
    (飯田橋・セントラルプラザ庁舎棟10階)    
     地図 http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif  
JR飯田橋駅西口を出て右に曲がり、右側前方のビル:セントラルプラザ10階。  
地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線)飯田橋駅「B2b」出口より
セントラルプラザ1階に直結しています

参加費:500円
申込:参加申込は下記「こくちーず」のサイトからお願い致します。
    http://kokucheese.com/event/index/393373/
    あるいは下記Eメールアドレスまでご連絡ください。
    Eメール: think.elesys@gmail.com
主催:変えよう選挙制度の会 
URL:http://kaeyo-senkyo.tumblr.com/
フェイスブック:https://www.facebook.com/kaeruelesys
   Eメール:think.elesys@gmail.com
チラシはこちらから
https://drive.google.com/open?id=0BzIRaOLF7sGKMU5qa0phWi0wc0U

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月05日

報告: 【2016年5月1日】街頭シール投票「経済・財政だいじょうぶ?――日本の最もダメな政策は?」

有権者がどのような政策を一番問題だと考えているのかを探る街頭シール投票シリーズ7回目の報告です。

2016年5月1日
松戸駅西口・東口
第1問:経済・財政だいじょうぶ?――日本の最もダメな政策は?
第2問:次の国政選挙、どこに投票する?

目次:

1 まとめ
2 第1問選択項目

1 まとめ

今回もマイクで一方的に話すことが中心となり、回答者は在日朝鮮人だという女性1人だけ。彼女は投票するとすれば共産党で、第1問では(1)世界一高い学費と(17)原発輸出で経済成長を日本の最もダメな経済・財政政策として選択しました。

松戸駅東口は喫煙スペースで喫煙している方々を除いて立ち止まっている方がほとんどなく、演説にまったく不向きですが、軍事的安全保障のテーマ(中国・北朝鮮による軍事的脅威と米国による安保ただ乗り)で訴えていたころに、立ち止まって聞いてくれる女性が現れました。同じ場所で同様の経験をしたことがあるので(より正確には日米安保条約上、米国が日本を守る義務はないと指摘している時)、軍事的安全保障のテーマは注目を集めやすいのだろうと思われます。ただ、対話ができていないので、投票先との関連がつかめません。いずれのケースでも雰囲気から与党系だろうと察することはできますが。

このテーマでの訴えの要点は、軍事的に弱小の北朝鮮が日米に先制攻撃を仕掛ければ反撃を受けて北朝鮮の独裁体制が崩壊してしまうので、そのような馬鹿な真似を北朝鮮政府がするはずがない、北朝鮮による核開発は米国の先制核攻撃戦略に対抗するためのもので、米国の核兵器の問題とセットで考えなければ解決しない、日米中は経済的に切っても切れない関係にあり、これら3国で戦争の選択肢はない、米国高官は日中の紛争に巻き込まれたくない、米兵自身も日本の領土問題ごときで命を落としたくない、米太平洋軍司令官も離島上陸作戦を遂行するための充分な能力がないと語っている、日米安保条約上、米国が日本を守る義務はない、毎年5000億円以上の税金を在日米軍に貢いでいる上に、安保関連法でさらなる財政支出を行って若い自衛隊員の命を米国に差し出す義務も道理もメリットもない、などです。

松戸駅西口はペデストリアンデッキのベンチに座っている方、バス待ち客が多く、デッキから少し離れた地上のポイントが演説に適しています。デッキの端に寄って立ち止まって聞いてくれる方は常にいるものの、比較的長い時間にわたって聞いてくれるため、今回もどのテーマの時かを特定することは困難でした。


2 第1問選択項目

第1問:経済・財政だいじょうぶ?――日本の最もダメな政策は?

第1問は各項目の右側の説明を省いて選択項目だけを投票ボード表面に載せ、ボード裏面に第2問を載せました。

(1)世界一高い学費――OECD加盟国で授業料無償化や給付制奨学金を導入していないのは日本だけ。
(2)経済的徴兵制――自衛隊入隊で大学院生の学費を援助。奨学金滞納者リストが防衛省に。
(3)3.11自主避難者への住宅支援打ち切り――福島県、住宅無償提供を2017年3月末で打ち切る方針。
(4)法人税減税――日本の法人実効税率は先進国の平均並み。消費税は法人/所得税減税の穴埋めに。
(5)TPP――米教授「米国にとってTPPの効果はほぼゼロと推計」
(6)日米安保条約と安保関連法――米国が日本を守る義務はなし。在日米軍へ年5000億円以上支出。
(7)手薄い生活保護――受給率は日本が1.6%、ドイツは9.7%(2010年、日弁連資料)。
(8)世界一高い政党交付金――年320億円。
(9)年金制度――マーサー社年金ランキングで日本は25ヶ国中23位、中国より下。
(10)年金積立金の株式運用で株価維持――約10兆円の損。基礎年金を株で運用する国は日本以外にない。
(11)消費税――米国では連邦税に消費税がない。
(12)パナマ文書(税逃れ)――世界の富の半分がタックスヘイブン(租税回避地)に?
(13)「下々はおこぼれに」のトリクルダウン理論――竹中平蔵氏「トリクルダウンは起きない」。
(14)低い最低賃金――カリフォルニア、「経済的正義の問題」として時給約1700円を目指す。
(15)公的債務残高――1000兆円、GDP比200%超。ギリシャはGDP比200%未満。
(16)規制緩和――認可外保育施設の子どもの死亡事故発生率は認可保育所の45倍(厚労省14年資料)。
(17)原発輸出で経済成長――三菱重工の蒸気発生器で放射能漏れ事故を起こした米国の原発は廃炉へ。


太田光征
posted by 風の人 at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月04日

民進党・玄葉光一郎氏「共産と組まないことでかえってマイナスになると判断した」

民進党さんもようやく現実を見つめ出したようです。

<参院選福島>3野党共闘へ 統一候補に増子氏 | 河北新報オンラインニュース
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201605/20160504_61010.html
<野党共闘に関しては、民進党県連代表の玄葉光一郎衆院議員(福島3区)が「(党の)理念が違う」と共産党と距離を置く姿勢を示していた。今回の方針決定について、党県連幹部は共闘に対する各種世論調査での期待などを挙げ「共産と組まないことでかえってマイナスになると判断した」と説明した。>

野党第一党は共産党:街頭世論調査「次の国政選挙、どこに投票する?/小選挙区制に賛成・反対?」 報告書
http://kaze.fm/documents/Street_Poll_Report_20160222.pdf
政治学者による世論調査:固定電話加入者の支持政党第二位は共産党
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/437247814.html

太田光征
posted by 風の人 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

緊急事態での「議員任期特例」加憲

緊急事態での「議員任期特例」加憲の建前は「違憲状態の回避」。
だが緊急事態条項を説く者たちは、長年にわたって「1票の格差」に無頓着で、憲法53条要求による臨時国会の開会には応じず、ろくな原発事故対策を取らない。
全自衛隊予算に占める自然災害対策予算は1%。
違憲状態国会(1票の格差)を長年放免する最高裁が「戦争時」に選挙できないから違憲を宣言することなどあり得ない。
選挙できないような自然災害対策なら対策とはいえない。

太田光征
posted by 風の人 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月01日

【2016年5月1日】街頭シール投票「経済・財政だいじょうぶ?――日本の最もダメな政策は?」

有権者がどのような政策を一番問題だと考えているのかを探る街頭シール投票シリーズの7回目です。

第1問では各項目の右側の説明を省いて選択項目だけを投票ボード表面に載せ、説明を別紙として投票者に渡します。ボード裏面は第2問で投票先を聞きます。

松戸駅の西口か東口で午後2時くらいから午後5時くらいまで行います。都合のいい時間帯でご参加ください。


第1問:経済・財政だいじょうぶ?――日本の最もダメな政策は?

(1)世界一高い学費――OECD加盟国で授業料無償化や給付制奨学金を導入していないのは日本だけ。
(2)経済的徴兵制――自衛隊入隊で大学院生の学費を援助。奨学金滞納者リストが防衛省に。
(3)3.11自主避難者への住宅支援打ち切り――福島県、住宅無償提供を2017年3月末で打ち切る方針。
(4)法人税減税――日本の法人実効税率は先進国の平均並み。消費税は法人/所得税減税の穴埋めに。
(5)TPP――米教授「米国にとってTPPの効果はほぼゼロと推計」
(6)日米安保条約と安保関連法――米国が日本を守る義務はなし。在日米軍へ年5000億円以上支出。
(7)手薄い生活保護――受給率は日本が1.6%、ドイツは9.7%(2010年、日弁連資料)。
(8)世界一高い政党交付金――年320億円。
(9)年金制度――マーサー社年金ランキングで日本は25ヶ国中23位、中国より下。
(10)年金積立金の株式運用で株価維持――約10兆円の損。基礎年金を株で運用する国は日本以外にない。
(11)消費税――米国では連邦税に消費税がない。
(12)パナマ文書(税逃れ)――世界の富の半分がタックスヘイブン(租税回避地)に?
(13)「下々はおこぼれに」のトリクルダウン理論――竹中平蔵氏「トリクルダウンは起きない」。
(14)低い最低賃金――カリフォルニア、「経済的正義の問題」として時給約1700円を目指す。
(15)公的債務残高――1000兆円、GDP比200%超。ギリシャはGDP比200%未満。
(16)規制緩和――認可外保育施設の子どもの死亡事故発生率は認可保育所の45倍(厚労省14年資料)。
(17)原発輸出で経済成長――三菱重工の蒸気発生器で放射能漏れ事故を起こした米国の原発は廃炉へ。


第2問:次の国政選挙、どこに投票する?


太田光征
posted by 風の人 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般