2016年01月30日

福島県から届いた「住まいに関する意向調査の回答方法

住まいに関する意向調査 回答方法 - ひなん生活をまもる会
http://hinamamo.jimdo.com/2016/01/29/%E4%BD%8F%E3%81%BE%E3%81%84%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%84%8F%E5%90%91%E8%AA%BF%E6%9F%BB-%E5%9B%9E%E7%AD%94%E6%96%B9%E6%B3%95/

福島県から届いた「住まいに関する意向調査」には、「今の避難住宅で避難を続けたい」という大多数の避難者の思いを回答する方法がありません。それどころか、この調査の大部分は意向をくみ取ることではなく、生年月日、家族構成、年収、健康状態など、個人情報を集めることに使われています。この調査(アンケート)の問題点と当会としての考えは、次のリンク先の文書に示しております。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月27日

木村草太さんの「緊急事態条項」に関するインタビュー

憲法学者「木村草太」さんの「緊急事態条項」に関するインタビュー
http://wpb.shueisha.co.jp/2016/01/25/59912/
気鋭の若手憲法学者・木村草太が語る緊急事態条項の危うさ「結局はその時の政府に白紙委任をするだけ」[2016年01月25日]

太田光征
posted by 風の人 at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

海渡雄一:自民党改憲案緊急事態条項はナチスの授権法の再来だ

自民党改憲案緊急事態条項はナチスの授権法の再来だ.docx
*Sent:* Tuesday, January 26, 2016 8:41 AM
*Subject:* [himitsu-net 3807] >転載歓迎<自民党改憲案緊急事態条項はナチスの授権法の再来だ

秘密保護法と戦争法の廃止のために活動されている皆さんへ

海渡です。

安部政権の進める緊急事態条項改憲のもつ深刻な意味について一文をまとめてみ
ました。授権法の制定の経過と内容、それがナチスの崩壊まで効力を持ったこと、
日本国憲法に緊急事態条項がないことは憲法9条と人権保障の不可侵性と一体で
理解すべきこと、過去に緊急事態条項が濫用された歴史などについてまとめまし
た。ぜひ、ご覧下さい。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月24日

ノーニュークス・アジアフォーラム2016

ノーニュークス・アジアフォーラム2016に、ご賛同をお願いします
(下のほうに高浜原発再稼働を許さない全国集会などのお知らせ)

★ノーニュークス・アジアフォーラム2016
「福島原発事故は続いている 〜人々の声を聞き、原発事故が社会に与える広範な影響の諸相を知る〜」

開催期間:3月22〜24日
開催場所:福島県いわき市

福島原発事故を受けて、「福島原発震災の真実を世界に伝える」をテーマに、2011年夏に緊急開催されたNNAF2011から5年がたとうとしています。

福島では事故収束のために、今も毎日7千人が危険な被曝労働に従事しています。原発事故によって避難を強いられている人々の数は10万人を超えたままです。先の見えない避難生活が長引く中、震災関連死と判断される方々の数は増え続けています。事故が社会に与える影響は広がり続け、複雑さを増しています。福島原発事故は終わっていません。

しかし今私たちが目の当たりにしているのは、福島原発事故を忘れ去ったかのようなあからさまな原発回帰の動きであり、にわかには信じがたいほどの勢いで戦争へと近づきつつある強権的な政治です。原発輸出と武器輸出のための法整備も、重なり合うように進められています。

このような状況の中でも、日本をはじめとしてアジア各国で、核も原発もない未来を求める人々のたたかいが粘り強く継続されていることは、私たちにとっての希望です。1993年から各国持ち回りで開催されてきたNNAFは、このような時期だからこそ、福島原発事故から5年の福島で開催されることになりました。私たちには、同じ悲劇を繰り返さないようにする責任があります。

<11月にインドのヴァイシャリ・パティルさんを福島にお連れした際に、彼女はことばにならないほどの衝撃を受けたと語りました。そして帰国後に福島で自分が見聞きしたことを人々に伝え、ジャイタプールでの反対運動はさらに盛り上がりを見せています。日本から、福島から情報を発信することは、アジアの反原発運動を力づけることにつながります>

原発事故の現実を世界に伝え、日本からの原発輸出を止めるための連携強化を図ります。アジアの友人たちと出会い、死の灰の歴史を断ち切るためにまた一歩を踏み出しましょう。

●日本で開催されることとなったNNAF 2016を成功させるため、どうか皆様のご支援をお願いいたします。このフォーラムは皆様からの賛同金で運営されます。賛同金は、海外ゲストの旅費援助、日本滞在費(宿泊費、国内移動費など)、通訳翻訳費、アテンドや会場費などとして使わせていただきます。約150万円必要です。なにとぞよろしくお願い申し上げます。
賛同金 個人:一口2000円 団体:一口5000円(小グループは3000円)
郵便振替 : 00940-8-146764 口座名:NNAF2011
ゆうちょ銀行:店番099 当座 0146764 口座名:NNAF2011
*匿名希望の方は「匿名」と記入してください

■アジアの仲間たちと核も原発もない世界を目指して 
― NNAF 2016 & No Nukes WSF―

3月
22日 参加者到着・歓迎交流会
23日 午前:各国報告
午後:福島の人々の話を聞く
24日 午前:福島の人々の話を聞く
午後:No Nukes WSFと合流、福島フィールドワーク
夜:いわき集会
25日 No Nukes WSF会議、東京へ移動
26日「福島から5年 さようなら原発 全国集会」(代々木公園)デモ
27日 No Nukes WSF討論集会(水道橋・韓国YMCA国際ホール)
    
海外参加者(予定) 
インド:反核運動全国連合、トルコ:シノップ反原発プラットフォーム
インドネシア:バンカ島から、フィリピン:非核フィリピン連合
タイ:持続可能性のためのオルタナティブ・エネルギー・プロジェクト
台湾:環境保護連盟、緑色公民行動連盟、緑党など
韓国:エネルギー正義行動、グリーン・コリア、環境運動連合、緑党、脱核新聞など
ほかに、ベトナム、中国、バングラデシュ、オーストラリアなど(未定)

*WSF(世界社会フォーラム)は、2001年にブラジルのポルトアレグレで第一回が開催され、毎回数万人が集まる反グーバリゼーション運動のフォーラム。No Nukes WSF(反核世界社会フォーラム)は、原発問題についてのテーマ別ミニ・フォーラム。南米、欧米からも参加。原発問題をさまざまな側面から討論する。

よびかけ・賛同
【北海道】舘崎やよい 水野稔【青森】遠藤順子 道祖土正則 成田忠義 野宮政子 弘前・核に反対する会 宮本久美子【宮城】小関俊夫 須田剛 原田禎忠【秋田】奥村清明【福島】黒田節子 原発いらない福島の女たち 木幡ますみ 斉藤春光 佐藤和良 佐藤俊子 下山田富子 脱原発福島ネットワーク 羽賀ますみ 橋本あき 長谷川健一 比佐和美 武藤類子 森園かずえ【茨城】川野弘子【埼玉】くまがいマキ 桜井董 旦保立子 寺尾光身 中村光一【千葉】核燃やめておいしいごはん 田平康子 永野勇 奈良悦子 松丸健二 山口兼男【東京】安部栄子 小川幸子 原子力資料情報室 原水禁(原水爆禁止日本国民会議)佐橋弥生 志沢允子 篠田淳子 全石油昭和シェル労組 棚橋寿郎 徳橋明 中原道子 福永正明 柳沢典子 湯浅欽史 湯沢優子 柚木康子【神奈川】一!
ノ木��
� 上江洲惠子 大野圭子 清野隆史 須藤瑛子 田中洋子 西岡まゆみ 日向真紀子 水澤靖子【長野】伊藤順 西山智彦 野溝春子 長谷川春子 【新潟】大西洋司 小木曽茂子 さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト 山田秋夫【富山】川原登喜の 横山久恵【石川】二俣和聖【愛知】岡田雅宏 柴田志麻枝 杉本皓子 田中良明 平川宗信 村上光子【三重】村山敬子 山本勉【滋賀】西谷靖男【京都】アイリーン・美緒子・スミス 稲庭篤 宇野さえこ グリーン・アクション 銅銀正美【大阪】石内謹也 石原燃 牛田等 宇野田南 宇野田陽子 尾形淳 胡桃澤伸 小泉ゆうすけ 小西弘泰 災害避難者の人権ネットワーク 斉藤善夫 佐藤大介 ストップ・ザ・もんじゅ 全港湾西成センター分会 寺本勉 のばなし 疋田真紀 藤田政治 丸尾雅徳 三ツ林安治 水戸喜世子 命宝堂��!
�局 湯�
��恭【兵庫】大田美智子 河合成一 田原良次 冨田寿一 藤岡正雄 ぺんぁ� .$s$Z$j4
[$H$*$H$b$@$A!Z9-Eg![?"LZOBIW 西塔文子 城山大賢 馬場浩太 東邦弘 渡田正弘【山口】麻野他郎 原発いらん!山口ネットワーク 沢村和世 松崎佳代子 三浦翠【香川】松浦まき【愛媛】渡部英機【福岡】兼崎暉【大分】小坂正則 脱原発大分ネットワーク【佐賀】於保泰正【鹿児島】反原発・かごしまネット 南方新社 向原祥隆(1月20日現在)

***********************

◎高浜原発再稼働を許さない全国集会
日時:1月24日(日)12時〜16時半
場所:高浜原発(展望所)〜ゲート前・抗議申入れ、高浜町文化会館で集会、デモ〜若狭高浜駅
主催:同実行委員会
連絡先:若狭の原発を考える会 090-1965-7102
バス(大阪、兵庫、京都、滋賀、東京から)

◎高浜原発再稼働を許さない!関電包囲全国行動
日時:1月27日(水)16時〜20時(1部 16:00〜18:00、2部 18:30〜20:00)
場所:関西電力本店前(大阪市北区中之島3-6-16)
主催:同実行委員会
連絡先:原子力発電に反対する福井県民会議 0776-21-5321 
    若狭の原発を考える会 090-1965-7102

◎高浜原発3号機を動かすな!関電東京支社行動
日時:1月27日(水)18時半〜20時
場所:関西電力東京支社前(富国生命ビル、内幸町)
呼びかけ:再稼働阻止全国ネットワーク 070-6650-5549

***********************

★インドに原発を輸出しないで!(ヴァイシャリ・パティル)
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/137b.htm
12月12日、原発予定地ジャイタプールで日印原子力協定への抗議行動が行なわれた。約2000人が結集し、自発的に逮捕される非暴力直接行動によって、1000人以上が逮捕された。とくに女性たちの存在感が大きく、皆が「安倍は帰れ!」のスローガンを叫んだ。
「インドへの原発輸出反対! 日印原子力協定阻止キャンペーン」大阪集会(11月23日)、東京集会(25日)でのスピーチ「インドに原発を輸出しないで!」をぜひ読んでください

★日印原子力協定「原則合意」を許さない!
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/137a.htm
共同声明:日印原子力協力協定の「原則合意」に断固抗議する(5団体)
広島・長崎両市長の要請文:インドとの原子力協定交渉の中止について
日印原子力協定に反対する国際アピール(7か国18団体が呼びかけ、各国語で3528名が賛同)
日印原子力協定締結反対に向けたこの間の活動(松久保 肇)

★『原発をとめるアジアの人々』推薦文:広瀬隆・斎藤貴男・小出裕章・海渡雄一・伴英幸・河合弘之・鎌仲ひとみ・ミサオ・レッドウルフ・鎌田慧・満田夏花
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/136f.htm

★ノーニュークス・アジアフォーラム通信
主要掲載記事一覧(国別)No.1〜137
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/keisaikiji.htm

★ノーニュークス・アジアフォーラム通信・号外1月20日発行、もくじ

原発事故被害者の闘いを伝え、アジアの友人とつながる(佐藤和良)      
世界中の人に知ってほしい(木幡ますみ)                  
福島から、原発をとめるアジアの皆さまへ(橋本あき)            
ヨンドクからみなさまへ(パク・ヘリョン)                  
ミャンマーで小水力セミナー(大津定美)                  
台湾で考えたこと(黄積希)                        
西川福井県知事の高浜原発再稼働同意はウソで塗り固められている(若泉政人) 
福島原発事故の教訓と、住民の声に根差して、
高浜原発3・4号の再稼働反対の運動を強めよう(避難計画を案ずる関西連絡会)

見本誌を無料で送ります。 
事務局へ連絡ください → sdaisuke@rice.ocn.ne.jp

************************
ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン事務局
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/
https://www.facebook.com/nnafjapan

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月22日

【賛同締め切り:2016年1月31日】 日韓政府間「合意」抗議声明への賛同要請

160118抗議声明(全国行動).docx
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動は1月18日付で、「慰安婦」問題に関する日韓
政府間「合意」に抗議する声明を発表し、1月31日締め切りで個人・団体賛同を募
っています。
そもそも2月5日に政府に提出予定であった「要請書」への賛同募集を打ち切り、
今回の事態に対する抗議声明への賛同募集に切り替えたものです。
これを、2月5日、政府に提出し、外務省前で抗議行動、その後衆議院第1議員会館
で院内集会を開きます。

〇賛同締め切り:2016年1月31日

〇提出:2016年2月5日。(提出後、院内集会を開催)

〇賛同団体名のみ、HPに掲載します。

※賛同署名は以下の署名フォームからお願いします。

http://restoringhonor1000.info

     抗議声明データを添付すると共に、以下に貼り付けます。

*抗議声明*

*被害者不在の日韓「合意」は解決ではない*
  *〜「提言」の実現を求める〜*

 政府と政府同士話し合ったことをおばあさんたちに一言の相談もせずに自分た
ちで妥結したということは、一体何の理由で妥結したというのか、どう考えても
納得がいかない。お互い平和のために(解決)するのであれば、このように気に
障るようにするのではなく、ちゃんとして欲しい。
                  〔金福童(キム・ボットン)ハルモニ〕
 「『慰安婦』ハルモニたちのために」という考えがないようだ。天国に逝かれ
たハルモニたちに対し、面目がない。金で解決しようとするのであれば受け取ら
ない。日本が真に罪を認定し、法的な賠償と公式の謝罪をさせるために、私は最
後まで闘います。
                    〔李容洙(イ・ヨンス)ハルモニ〕
これがどれだけ不当かわかりますか。今後、私たちの声を聞く耳を持ってほしい。
                   〔李玉善(イ・オクソン)ハルモニ〕

 2015年12月28日、日本と韓国の政府は日本軍「慰安婦」問題の「妥結」をめざ
して外相会談を行い、「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」と発表し
ました。直後から、韓国の「慰安婦」被害者たちは怒りの声をあげました。解決
を一番待ち望んでいる被害者たちが、「このようなことで終止符は打てない」と
繰り返し訴えているのです。
 加害国の市民である私たちも、心より日本軍「慰安婦」問題の解決を願ってい
ます。しかし、「今回のような被害者不在では解決できない」「この『合意』で
は解決できない」と考えます。
 2014年6月、8ヵ国から被害者と支援者が参加した第12回日本軍「慰安婦」問題
解決のためのアジア連帯会議で採択された「日本政府への提言」は、被害者たち
が求めてきた「法的解決」の中身を解き明かしたものです。「提言」では、この
問題の解決とは、日本政府が加害の事実と責任を認め、謝罪・賠償・真相究明・
再発防止の措置を取るということが被害当事者に示された時、初めて「その第一
歩を踏み出すことができる」と明らかにしており、その実現を求め、すでに日本
政府に届けています。
 私たちは、次の理由で、「日韓『合意』は解決ではない」と考えます。従って、
日本政府に、「今回の『合意』で、この問題に『終止符』を打つことはできない。
『提言』の実現こそが解決への道すじである」と強く訴え、「提言」の実現を求
めます。

1.「合意」は、被害者を無視した。

 日本軍「慰安婦」問題は、1990年代の初めから、被害者一人ひとりが苦しみの
中から名乗り出て、長年、尊厳を取り戻すために闘い、被害者自らが明らかにし
てきた問題です。被害者たちの当然の権利と、四半世紀もの間求めてきた要求を、
政府間で勝手に「終止符を打つ」ことは断じて許されません。
 会談後、岸田外相は「日米韓の安全保障協力も前進する素地ができた」と述べ
ています。本来なら被害者のために行われるべきことが、日本政府にとっては昨
年の「戦争法」強行制定の延長線上に位置づけられて行われたのです。

2.「合意」は、アジア連帯会議の「日本政府への提言」を踏みにじった。

 「日本政府への提言」は、まず、「@日本政府および軍が軍の施設として「慰
安所」を立案・設置し管理・統制したこと。A女性たちが本人たちの意に反して、
「慰安婦・性奴隷」にされ、「慰安所」等において強制的な状況の下におかれた
こと。B日本軍の性暴力に遭った植民地、占領地、日本の女性たちの被害にはそ
れぞれに異なる態様があり、かつ被害が甚大であったこと、そして現在もその被
害が続いているということ。C当時の様々な国内法・国際法に違反する重大な人
権侵害であったこと」を歴史的な事実として認めたうえで、国の責任を認めるよ
う、日本政府に求めています。
 しかし、今回の「合意」は、これらの事実に何一つ言及していません。正確な
事実認定という前提のない「責任」言及は、被害者が求めてきた法的責任を認め
たことにはなり得ません。
 また、被害者たちは「二度とこのようなことが繰り返されないように」と強く
求めていますが、「合意」は、「提言」が求めている真相究明や再発防止の措置
にも触れていません。
 これでは、生存している被害者たちのみならず、無念のうちに亡くなっていっ
た被害者たちの名誉回復もできないどころか、再び傷を深くえぐる行為であり、
あまりに不誠実な態度です。

3.「合意」は、日本政府が取るべき責任を韓国政府になすりつけた。

 日本政府は、10億円を拠出して「元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じ
る」としていますが、具体的な財団の設立と運営は、韓国政府に押しつけました。
さらに、ソウルの日本大使館前の「平和の碑(少女像の正式名称)」は、「関連
団体との協議」を通じた「適切な解決」を、韓国政府に約束させました。この碑
は、この問題の解決を求めて被害者や支援者たちが行っている水曜デモ1000回を
記念して建てられたもので、日本政府が口出しするのは見当違いです。本来加害
国が果たすべき責任を被害国になすりつけて、今や問題解決の鍵を握るのは韓国
政府であるかのような構図を、日本政府は作り出しています。
 また、日本政府の立場は、10億円は「賠償金ではない」「法的責任は、日韓請
求権協定で解決済みということに変わりはない」と明言しているように、「合意」
前と何ら変わっていません。
 このような日本政府の態度は、日本の市民をも辱めるものです。

4.加害国が被害国に「最終的かつ不可逆的解決」を押しつけた「合意」は、そ
れゆえなおさら「最終的解決」とはなり得ない。

 想像を超えるほどの甚大な人権侵害に遭って、生涯を苦しみの中で生きてきた
被害者の心を癒す道のりは、当然のことながら、決してたやすいものではありま
せん。被害者が納得するまで、加害者は謝罪の姿勢を持ち続け、必要な取組みを
行うことが求められます。そうして初めて、加害者は罪の自覚を深め、二度と犯
さないことを自分のものにすることができます。
 安倍首相も、昨年8月に出した談話で、「それでもなお、私たち日本人は、世代
を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません」と述べていま
す。にもかかわらず、今回、日韓の政府間で勝手に「最終的かつ不可逆的解決」
を宣言しました。このことは重大な過ちであると言えます。しかも、加害国は、
そのことを被害国に押し付ける立場にはありません。今回の「合意」は、それゆ
えなおさら「最終的解決」とはなり得ず、加害国の傲慢で、誤った姿勢を再び浮
き彫りにするものでしかありません。

 日本軍「慰安婦」被害者は、韓国だけでなく、日本・朝鮮民主主義人民共和国
・台湾・中国・フィリピン・インドネシア等のアジア・太平洋の広い地域の国々
やオランダにもいます。名乗り出ることができないまま亡くなった被害者も、一
体どれほどの人数に達するでしょうか。
 今回の日韓政府の「合意」は解決ではありません。日本政府における解決とは、
「提言」を実現することです。加害国が本来果たすべき責任を果たして解決する
よう、私たちは強く要求します。

                             2016年1月18日

                    日本軍「慰安婦」問題解決全国行動

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月16日

日本学術会議に軍事研究を行わないよう求めるネット署名運動のご案内

-------- Forwarded Message --------
Subject: Re: [CML 041353] 日本学術会議に軍事研究を行わないよう求めるネット署名運動のご案内
Date: Sat, 16 Jan 2016 16:58:38 +0900


岡山の野田です。
標記のネット署名運動を再度、ご案内させていただきますことを
お許しください。
         https://goo.gl/mvq6Qe

以前、ご案内しました大学の軍事研究に反対する署名運動は
お蔭で9000余りの賛同をいただいています。
        http://dgunk.exblog.jp/

一方、日本学術会議署名は現在1000余りです。両者は
一体のものです。ぜひ、こちらにもご賛同いただければ有難く
存じます。どうぞ、よろしくお願いいたします

-----Original Message-----
From: Noda
Sent: Friday, January 1, 2016 11:01 AM
To: 市民のML
Subject: [CML 041353] 日本学術会議に軍事研究を行わないよう求めるネット署名運動のご案内

岡山の野田隆三郎です。 (重複ご容赦。拡散大歓迎)

明けましておめでとうございます。新年早々ですが標記のネット署名運動を案内させてください。
これは、先日、案内させていただいた大学の軍事研究に反対する署名運動と一体のものです。
http://dgunk.exblog.jp/

日本学術会議は日本の学問研究者を代表する最高機関です。
前の大戦で、学問が戦争に全面的に加担した歴史への反省に立って日本学術会議は
1950年と1967年の二度にわたって軍事研究は行わないことを宣言しました。
ところが、昨年、驚くべきことが起こりました。昨年7月の防衛省の戦後初の軍事に関する
研究の公募に、日本学術会議現会長の大西隆氏が学長を務める豊橋技術科学大学が
応募し、採用されたのです。軍事研究はしないという日本学術会議の誓いを会長自らが

破るなど到底許されることではありません。
このことに強く抗議するとともに、かつて2度にわたって誓ったとおり、軍事研究を行わないよう
求める申し入れ書(下記サイトに掲載)を、賛同署名を添えて、会長と全会員に送りたいと
思います。軍学一体化の流れを何としても止めなければなりません。ぜひ多くの方のご賛同を
お願いします。ご賛同くださいます方は、1月31日までに下記のサイトから賛同署名をお送り
くださいますようお願いします。
https://goo.gl/mvq6Qe

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月14日

【2016年1月16日(土)】第80回草の実アカデミー「NHK問題あるいはNHKと安倍政権」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【草の実アカデミー・メルマガ】第127号
    2016年1月14日(木)発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【草の実アカデミー・メルマガ】は、「草の実アカデミー」が発行する
不定期のメールマガジンです。毎月の講演会の案内や報告、講師の動向な
どをお伝えします。講演が迫りましたので再度のご案内です。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【目次】

■今週土曜日(第80回草の実アカデミー)
2016年1月16日(土) NHK問題あるいはNHKと安倍政権
講師:砂川浩慶氏(立教大学社会学部メディア社会学科准教授)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■次回(第80回草の実アカデミー)
2016年1月16日(土)14:00〜16:45 NHK問題
講師:砂川浩慶氏(立教大学社会学部メディア社会学科准教授)

 今年夏は参議院選挙があり、政治的に重大な転機を迎えます。こうした状況にあってNHKの政治報道はどうなるのか目が離せません。
 以下の案内を再送します。ふるってご参加ください。また転送・転載歓迎です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「民主主義って何だ?」「これだ!」の声が国会前に溢れた昨年(2015年)。同時にそれは「NHKって何だ?」の年だった。けれどもそこでの「これだ!」の答えは未だ見えない。
「みなさまのNHK」と言いつつ「アベさまのNHK」的実態に「何様のNHK?」との批判は盛ん。でも議論は先へ進んでいかない。「何であんな会長?」「何であんな報道?」「何であんな不祥事?」「何であんな受信料?」……あまりに多様な私たちの批判を、はたしてどのように活かしていけばいいんだろう?
 ということで「みなさまのNHK」を、アベさまやオレさまに「なにさまのつもりだ!」と言いつつ本当に私たちのもとに取り戻すための語らいを、NHKや民放や政府の動向に詳しい放送業界気鋭の論客を招いて語り合う”作戦会議”を開催します。


「第80回 草の実アカデミー」
テーマ:NHK問題
講師:砂川浩慶氏(立教大学社会学部メディア社会学科准教授

日時:1月16日(土) 13:30開場 14:00開始 16:45終了
場所:巣鴨地域文化創造館 第1会議室
    東京都豊島区巣鴨4-15-11
    http://www.city.toshima.lg.jp/134/bunka/shogai/009982/005244.html
交通:「JR山手線 巣鴨駅」(北口)より徒歩15分
   「JR山手線 大塚駅」(北口)より徒歩12分
   「都営三田線 巣鴨駅」3A番出口より徒歩15分
   「都電荒川線 庚申塚駅」より徒歩3分
   都バス「巣鴨四丁目」停留所より徒歩3分 (草63、草64)
地図:http://www.toshima-mirai.jp/center/e_sugamo/
    巣鴨駅から歩くと地蔵どおり沿い、巣鴨郵便局を超え少し行った左手
    ミニ公園のような空間の隣にある瓦屋根の建物です

資料代:500円(会員無料)
主催:草の実アカデミー(公益社団法人マスコミ世論研究所)
   http://kusanomi.cocolog-nifty.com/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
草の実アカデミー
ブログhttp://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/
E-mail kusanomi@notnet.jp
**************************************
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

<緊急署名>ケーブル不正問題/高浜・川内も調査を!これで高浜原発の再稼働をとめよう!

みなさまへ

 柏崎刈羽原発で発覚した法令違反のケーブルの不正敷設問題は、
浜岡や女川、東通など他の原発にも広がっています。原子力規制庁は、
全国の原発に対し3月までの調査を指示しましたが、なんとその対象
から、高浜原発3・4号機と川内原発1・2号機は除かれています。これ
は明らかに再稼働を優先した対応です!許されません!!今すぐ署名
をお願いします!これで高浜原発3号機の再稼働を止めましょう!

<拡散希望>***********************
高浜・川内原発 も調査を!ケーブル不正問題についての緊急署名
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/
*****************************

こちらからすぐに署名できます
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/
第一次集約は1月20日です。拡散のほうもよろしくお願いします!

<ケーブル不正問題緊急署名>

ケーブル不正敷設は「新規制基準に適合していない」と規制庁は認めな
がら 高浜3・4号、川内1・2号は特別扱で、調査報告の免除は許さ
れません

高浜原発3号の1月28日原子炉起動は中止!川内原発1・2号は運転
停止!他の原発と同様に、詳細な調査報告等を提出させるべきです

原子力規制委員会 委員長 田中俊一 様

 昨年9月に柏崎刈羽原発6号機で、中央制御室の床板等をはがした結
果、電気ケーブルの不正敷設問題が発覚しました。事故時に必要な安全
系統のケーブルと一般のケーブルは、火災が発生しても延焼しないよう、
仕切り版 等で隔離されている必要があります。しかし、柏崎刈羽原発で
は、分離板の未設置等で1,049本ものケーブルが不正な状態である
ことが明らかになりました。
 これについて、原子力規制庁は1月6日に文書(※1)を出し、技術
基準違反・保安規定違反で「新規制基準に適合していない状態」だと指
摘しています。そして、東電のみならず、すべての電力会社に同様の問
題がないか詳細な調査を実施し、3月31日までに報告するよう指示文
書を出しました。

 ところが、運転中の川内原発1・2号と、原子炉起動を1月末に控え
る高浜3号、同様に2月末に起動予定の高浜4号については、特別扱い
をして、原発の稼働を最優先にして、具体的調査報告の提出を免除して
いま す。
 1月6日の規制庁文書では、川内1・2号については「ケーブルの分
離に係る施工方針が示されており、当該方針どおりに施工されているこ
とを使用前検査において確認を行っている」。高浜3・4号については
「当該方針に係る使用前検査を現在実施中である」と書いているだけで、
不正なケーブル敷設があったのかどうかもブラックボックスです。さら
に「指示」では、東電の不正が他の事業者にも「共通する可能性がある」
との認識に立ち、品質マネジメントシステムの検証を一般的に求めてい
ます。

 高浜原発の場合は、関西広域連合や福井県原子力安全専門委員会等で、
「原子炉停止、冷却等に必要な安全機能の系統分離方針(3時間以上の
耐火能力を有する隔壁 等)を確認」と規制庁は説明しています。実態は
確認せずに、関電の「方針」だけを確認したということでしょうか。あ
まりにも無責任です。

要請事項

高浜原発3・4号の原子炉起動は中止し、川内原発1・2号は運転を停
止したうえで、ケーブル不正敷設問題について、他の原発と同様に詳細
な調査報告等を提出させること。

※1:柏崎刈羽原子力発電所における不適切なケーブル敷設に係る東京
電力からの報告に対する評価及び今後の対応について」
2016.1.6原子力規制庁 http://www.nsr.go.jp/data/000135349.pdf

署名呼びかけ団体:川内原発30キロ圏住民ネットワーク/反原発・かごしま
ネット/福井から原発を止める裁判の会/避難計画を案ずる関西連絡会/
グリーン・アクション/アジェンダ・プロジェクト/NPO法人 使い捨て時代を
考える会/美浜の会/ FoE Japan/原子力規制を監視する市民の会/
グリーンピース・ジャパン

署名第一次集約:2016年1月20日  第二次集約:2月20日

紙版署名の送り先(郵送かFaxでお願いします)
グリーン・アクション 京都市左京区田中関田町 22-75-103
Tel:075-701-7223 Fax: 075-702-1952

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月09日

日本学術会議に軍事研究を行わないよう 求める署名運動

キャンペーン ・ 日本学術会議に軍事研究を行わないよう 求める署名運動 (2016年1月1日開始) ・ Change.org
https://www.change.org/p/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AD%A6%E8%A1%93%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E3%81%AB%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%86-%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%8B%E7%BD%B2%E5%90%8D%E9%81%8B%E5%8B%95-2016%E5%B9%B41%E6%9C%881%E6%97%A5%E9%96%8B%E5%A7%8B

太田光征
posted by 風の人 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

未来のための歴史パネル展 賛同のお願い&イベントご案内

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:6983] 未来のための歴史パネル展 賛同のお願い&イベントご案内
Date: Fri, 8 Jan 2016 16:18:15 +0900 (JST) 

永岡です、東アジアの方々と連帯する、未来のためのパネル展と、それへの賛同の依頼があり、お送りいたします。

 講演会は2月13日、そしてパネル展は13,14日です。

未来のための歴史パネル展 賛同のお願い

            未来のための歴史パネル展・神戸実行委員会

呼びかけ団体:ヘイトクライムをなくそう神戸連絡会

                     「慰安婦」問題を考える会・神戸

戦後70年を経て、現在の日本では過去の侵略や加害の歴史を軽視したり、なかったことにしようとする、歴史修正主義の動きが盛んになっています。テレビ、書籍、雑誌といったメディアでも、政治の場でも過去の歴史を都合よく解釈し「日本は常に正しかったのに、不当に攻撃されている」とする主張がよく見られます。こうした動きはアジアの国々の人々や、外国とのつながりを持つ日本で暮らす人々への敵意や偏見を強め、ヘイトスピーチと呼ばれる差別助長デモが繰り返し行われる基盤をなしています。

私たちはこうした状況を決して見過ごすことはできません。私たちは人が差別されたり追放されたりする社会を望みません。人と人、国と国が対立し争いあう未来を望みません。未来は過去の歴史をきちんと認識することによってしか開けないと思います。

私たちはすべての人に開かれた歴史を知り、多くの人たちと共有するために、まず日本と韓国・朝鮮の近代史を考えたいと思います。東アジアの人々との歴史認識を共有するためのパネル展を下記のとおり行います。1日目の午後にはこのパネル展の制作責任者であり、共同代表の能川元一さんに、パネルを制作した経過と概要について講演していただきます。

皆さんのご支援・ご協力・ご来場を是非お願い致します。

パネル展  2016年2月13日(土)11:00〜20:00  14日(日)10:00〜19:00

会場  こうべまちづくり会館3F(神戸市中央区元町通4-2-14 元町商店街4丁目)


記念講演会

日時 2月13日(土)13:30〜16:00

「ヘイトスピーチを生み出す歴史観に対抗して」

〜未来のための歴史パネル展制作の経過と概要〜

講師 能川元一(大阪大学大学院講師 パネル展制作委員会共同代表)

会場 パネル展同会場(こうべまちづくり会館3F)

資料代 500円

問い合わせ先 080−6107−8485


未来のための歴史パネル展に賛同します (個人・団体)公表(可・不可)

     ●お名前

     ●連絡先

     ●賛同金 個人1口 500円   口     円

          団体1口1000円   口     円

     ●郵便振替口座00920―8―234959 加入者名「慰安婦」問題を考える会・神戸

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月07日

日本は北朝鮮をはるかに凌ぐ核技術大国:毎日放送VOICE 憤懣その後 東大阪夜間中学を巡る市教委の問題




-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:6970] 毎日放送VOICE 憤懣その後 東大阪夜間中学を巡る市教委の問題
Date: Thu, 7 Jan 2016 19:09:03 +0900 (JST)

 永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」の月曜企画、憤懣本舗の追跡版で、以前報じられた、東大阪市の夜間中学移転問題と、市教委の対応について続報がありました。

 東大阪市の太平寺夜間中学には、義務教育を受けられなかった方や、在日の方、中国の方など、約80人が学ばれて、日本語に困っておられた外国の方にも好評であり、しかし、この太平寺夜間中学は、2013年に、昼間の中学校の生徒が少なくなったので、近くの中学と移転して、統合のことになったのですが、しかし、昨年6月に、東大阪市の教育委は、夜間中学のみ約1.5km離れたところに移転する、つまり、昼間の中学と切り離すと言うことで、廃止に近く、生徒さんたちには、1.5kmも離れたら通学は大変であり(番組では報じられませんでしたが、東大阪市は中小企業のメッカで、昼間はそこで働かれている方たちが、夜懸命に日本語などを学ばれているのだと思われます、つまり、太平寺夜間中学に通われている方々は、この国を支えておられるのです)、生徒たちが反対して、しかし、この廃止の理由は、地元の反対と言われていたのが、一転して昨年暮れに、廃止はせず、昼間の中学とともに移転とのことになったのです。

 ところが、移転先の住民の反対と言うものの、地元では、要するに夜間中学が来ることに反対しているわけではなく、昼間の中学との施設の用途などを聞いたわけであり、説明したら、納得されるものであるのです。ところが、東大阪市の教育委員会は、なぜか、これを地元が反対として、一度は方針を決定したのに、また元に戻すと言う二転三転の模様です。

 夜間中学の生徒さんたちは、東大阪市の市長に直談判して、そして真意を問い、また、地元の住民も教育委に説明を求め、東大阪市の教育委は、MBSのカメラ取材を拒否して、説明不足だと言うのみでした。

 これを見て、弁護士の森直也さん、地元住民とのしこりが残ることを懸念されて、外国人も来る学校を地元が拒否しているのではないのに、問題と言われました。

 日本の資源は人、教育であり、教育にこんなことをしていては(背景には、維新の存在もあると思われます)、未来を担う人たち、「この国」を担う人たちを育てずに、「この国」に未来はありません、以上、VOICEの内容でした。

 なお、今日もテレビ・新聞は朝鮮民主主義人民共和国の水爆実験で一種の狂乱報道であり、神戸新聞によると、東京の朝鮮総連の建物に文句を言いに来た人もあったとのことで、また、朝鮮民主主義人民共和国では、水爆実験を成功させたと大きく報じて、国民が喜んでいると日本のメディアは大きく報じていますが、しかし、日本も75年前、真珠湾攻撃時には同じであり、また朝鮮民主主義人民共和国のロイヤルファミリーの体制は、日本の戦前の天皇制絶対システムのコピーであることを忘れてはいけません、大東亜戦争を反省せず、戦争責任も取らず、それなのに核兵器を作る基本技術(ウラン濃縮、原子炉、再処理の3つで、その上もんじゅ(本質は核兵器材料製造装置)まであり、核兵器を持たないのに、こんな技術を持っているのは、世界で日本だけでなり、核兵器製造技術では、日本は朝鮮民主主義人民共和国より遥かに上)を持っている日本に、朝鮮民主主義人民共和国を批判できるのでしょうか?

-----------------
以上、転載

北朝鮮による「核実験」は米国との共同現象です。先制核攻撃戦略を公言している米国が世界にとっての最大の脅威だからこそ、北朝鮮が対抗する。北朝鮮が核で先制攻撃をするはずがない。それは北朝鮮の独裁体制に終止符を打ってくれという宣言に等しいから。

太田光征
posted by 風の人 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月06日

2016年1/6(水)18:30?19:30 日本軍「慰安婦」問題についての日韓政府による政治的妥結に反対し、正しい解決を要求する官邸前抗議行動

紅林進です。

日本軍「慰安婦」問題についての日韓外相会談による「合意」は、被害当事者を無視したものであり、
当事者を無視した、当事者の反発を買う「解決」などあってはならないはずであり、特に安倍政権の
対応は、ひどいものであり、法的責任を追及するのをやめろとか、今後蒸し返すのをやめろ(つまり
歴史にフタをしろということ)とか、民間団体が立てた「少女像」を撤去させろとか、それをしなければ、
10億円を拠出しないとか、 まるで加害者と被害者が入れ替わったような横暴な要求です。

「少女像」(平和の碑)の撤去をめぐっては韓国でも激しい反対運動・抗議行動が起こっていますが、
韓国で日本軍「慰安婦」問題に中心的に取り組んでいる韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は、
この日韓両国政府による合意破棄を求めるデモを呼びかけ、本日1月6日(水)には、韓国だけでなく、
米国、欧州の各地で合意破棄を求めるデモが行われるとのことです。(下記参照)

米欧で日韓合意反対集会 韓国団体主導で6日計画
http://news.infoseek.co.jp/article/02kyodo2016010201001063/
 【ソウル共同】旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐり、日韓合意による最終解決に反発する元慰安婦
支援団体などが、6日に韓国や米国、欧州の各地で合意破棄を求めるデモを計画していることが2日、
分かった。開催予定地は米国のワシントンやニューヨーク、ロサンゼルス、オーストリアのウィーンなど。
「日本軍慰安婦問題の正当な解決世界運動」とのイベント告知が2日までにフェイスブックに投稿された。
聯合ニュースによると、イベントは元慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」が在外韓国人や
運動家らと連携して開く。

http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/archives/46445208.html
東京では、1月4日(月)に首相官邸前で、「少女像撤去要求を撤回せよ」という抗議行動が行われましたが、
世界連帯行動日の本日1月6日(水)には、午後6時30分から首相官邸前で、スタンディングによる抗議
が呼びかけられています。

その案内を転載させていただきます。

(以下転載、拡散歓迎)

韓国・挺対協呼びかけ世界連帯行動
<日本軍「慰安婦」問題についての日韓政府による政治的妥結に反対し、正しい解決を要求する官邸前抗議行動>

●1月6日(水)pm6:30〜7:30 首相官邸前 スタンディング
(東京メトロ:丸の内線、千代田線「国会議事堂前駅」下車すぐ、国会記者会館前)

*「合意」反対の思い書いたプラカードや鳴り物、光物などを持参してください
呼びかけ・連絡先:尾澤邦子090-3406-5034

12月28日、日韓政府間で合意された日本軍「慰安婦」問題に対して、韓国の挺身隊問題対策協議会から「緊急告知」として、
1月6日に世界連帯行動が呼びかけられています。

日本政府は、10億円とひきかえにソウルの日本大使館前の平和の碑(少女像)の撤去と、今後いっさい問題にしないという
ことを強要しています。
被害当事者を無視し、政府への要求事項も無視し、勝手に妥結した「合意」を黙って見ているわけにはいきません。

イヨンスハルモニをはじめ被害者は、被害者不在で合意したことを怒っています。年末30日の日本大使館前水曜デモには700人
が集まり、「合意撤回」を叫んでいました。イヨンスさんは「お金の問題ではない。公式謝罪と法的賠償だ」と訴えていました。

31日には、「韓日協定を破棄せよ」と叫んで日本大使館に入って抗議した学生30人が逮捕されました。
現在も大使館前では学生たちが少女像を守って籠城しています。
「緊急告知」を翻訳しましたので、はりつけます。
1月6日(水)午後6時半から首相官邸 前でスタンディングを行おうと思います。一緒にやりませんか。
「合意」反対の思いをプラカードに書いて、官邸前に立ちたいと思います。よろしくお願いします。

【緊急告知】2016.01.06
世界連帯行動に共に連帯することを訴えます。
1月6日は、1992年1月8日に初めて行われた水曜デモが満24周年となる水曜日です。
挺対協は24周年デモを迎えながらも、2015年12月28日、日韓政府間の拙速的に妥結された日本軍「慰安婦」問題の合意に反対して、
日本軍「慰安婦」問題の正しい解決を要求するために、世界同時多発、全国各地域の同時多発水曜デモを推進しようと思います。

緊迫した状況で推進されるものであり、困難であるとは思いますが、世界各地にお ら れる方々、全国各地におられる方々、水曜デモ
に共に連帯して、同時多発集会を一緒に行うことができる方は、ご連絡をお願いいたします。
団体で行うことが難しいならば、1人デモ、大使館前のコンサート、短い展示会、パフォーマンスなど、さまざまな方法でやればよいでしょう。
時間は、現地の事情に合わせて進めてください。
米国、欧州、アジアなど各地で、国内全国各地で緊急共同行動が行われると思います。

ソウル、日本大使館前の平和路にて12時に挺対協の主催で、世界連帯行動を推進
・米国ワシントン、ニューヨークは日本大使館前で水曜デモを行い、その後韓国大使館まで行進。
・LAグレンデイル、ニュージャージー、キリンビ、サンフランシスコでは、1212回水曜デモ及び世界連帯行動開催& amp; lt; br>・ドイツベルリンでは韓国大使館前12時
・オーストリアウィーンでは、欧州平和紀行中の希望ナビ主催の水曜デモ
・世界連帯行動を進めている方は、活動写真などを積極的にSNSなどを通して広報していただき、イベントを行う際には、現地メディア放送
に報道資料などを介して広報活動をぜひお願いいたします。
・国内:水原は1時に水原平和碑前、
大田は午前8時にテジョン平和の少女像の前で共同行動。
- ご連絡いただければ続けて追加します。
*1.6世界連帯行動が決まったら、
挺対協(02-365-4016 /war_women@naver.com)に連絡いただきますようお願い申し上げます。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月05日

南相馬・避難20ミリ訴訟第2回期日(2016年1/13)/その他(転載)

FoE Japanの満田です。本年もよろしくお願いいたします。
いくつかお知らせです。
1.【緊急署名】原告による十分な意見陳述の場の設定を(本日1/4締め切り)
2.南相馬・避難20ミリ撤回訴訟第二回期日(1/13)
3.「核なき世界」に赤信号?…日印原子力協定と原発輸出(1/19)
4.川内、高浜、伊方、玄海…各地の避難計画を徹底検証
  原発避難計画 全国集会 in 東京(1/21)

-----------以下詳細です。
1.南相馬・避難20ミリ撤回訴訟支援の会
 【緊急署名】原告による十分な意見陳述の場の設定を(本日1/4締め切り)
http://minamisouma.blogspot.jp/2015/12/blog-post.html
現在、署名は957筆! 裁判を応援するため、ぜひご署名を!

2.南相馬・避難20ミリ撤回訴訟第二回期日(1/13)
http://minamisouma.blogspot.jp/
「年20ミリシーベルトではいのちは守れない」――立ち上がった南相馬のみなさ
んを応援しましょう。大法廷を埋め尽くしましょう! 終了後、報告集会も予定
しています。

2016年1月13日(水)
・経産省前抗議アピール 12:30〜12:50 場所:経済産業省本館前
・東京地裁前応援アピール 13:00〜13:30 場所:東京地方裁判所前
・第2回口頭弁論 14:00〜 場所:東京地方裁判所103号法廷
※傍聴券が必要となりますので、配布締め切りの13:30までにお並びください。
なお、希望者多数の場合抽選となることがあります。
・報告集会 15:30〜 場所:参議院議員会館(予定)

3.《FoE Japan報告会》「核なき世界」に赤信号?…日印原子力協定と原発輸出(1/19)
http://www.foejapan.org/energy/evt/160119.html
◆日時:2016年1月19日(火)18:30〜20:40
◆場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)※最寄り駅 表参道駅 青山大学の向かい側
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)  国連大学の右手の棟の左側の奥
◆プログラム
1.日印原子力協定のもたらすもの
 報告者:深草亜悠美(FoE Japan)/コメント:松久保肇さん(原子力資料情報室国際担当)
2.原発輸出と政府系金融機関
3.FoE Japanの活動報告…福島における保養の取り組み「福島ぽかぽかプロジェクト」ほか
◆申込み→こちらから http://kokucheese.com/event/index/364820/
◆参加費:500円 
◆主催:国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)

4.原発避難計画 全国集会 in 東京 
川内、高浜、伊方、柏崎刈羽、玄海…各地の避難計画を徹底検証
http://www.foejapan.org/energy/evt/160121.html
川内原発に続き、高浜原発や伊方原発など各地で原発が再稼働されようとしています。
避難計画は形だけで、住民のいのちを守れるようなものではありません。
各地での市民の調査により、避難先や避難経路、ヨウ素剤の配布、要援護者の避難など、まったく現実的ではない現実が浮き彫りになってきました。
このたび、高浜原発、川内原発、伊方原発、柏崎刈羽原発、玄海原発の状況について、各地から報告いただき、問題点を改めて共有します。

◆日時:2016年1月21日(木)13:00〜18:00
◆場所:参議院議員会館101(最寄り駅:東京メトロ・永田町または国会議事堂前)
・13:00〜15:30:集会
@避難先・避難経路、A放射性物質のシミュレーションなどの事故時の想定、B
ヨウ素剤の 配布、C要援護者の避難−−など、川内、高浜、伊方、佐賀、柏崎刈
羽の現地から事例報告
・16:00〜17:30:政府交渉(相手方:内閣府・原子力防災、原子力規制委員会を
想定、交渉中)
◆発言:
柏崎刈羽原発(新潟)…金子貞夫さん
伊方原発(愛媛)…阿部悦子さん
玄海原発…永野浩二さん
川内原発…高木章次さん
高浜原発…アイリーン・スミスさん などを予定
◆資料代:500円
◆「原発避難計画 全国集会 in 東京」実行委員会

--
満田夏花(みつた・かんな)
携帯:090-6142-1807
ツイッター:@kannamitsuta
国際環境NGO FoE Japan(認定NPO法人)
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986
http://www.foejapan.org/

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月03日

【緊急】【拡散歓迎】2016年1/4「少女像撤去要求」を撤回せよ・官邸前緊急アクション13時30分?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【緊急】【拡散歓迎】1/4「少女像撤去要求」を撤回せよ・官邸前緊急アクション

日本軍「慰安婦」問題に関する被害当事者抜きの日韓両政府「合意」、とりわけ少女像(「平和の碑」)撤去要求という安倍政権の破廉恥な姿勢に対し、超緊急の抗議アクションを呼びかけます。
1月4日13時30分〜(総がかり行動の国会議員会館前アクション終了後)@首相官邸前

韓国では既に「合意」への抗議行動が起きているなか、日本でも早急に市民による抗議が必要だと思います。
緊急声明を出されたグループ、シンポを企画されるグループなど、それぞれに安倍政権への抗議に取り組まれていると思いますが、自分(たち)は官邸前にメガホンを置き、安倍に抗議するところから始めたいと思います。

安倍政権の破廉恥な姿勢に黙っていられない方、ぜひご参集ください。

呼びかけ=「戦後70年ミニシンポ実行有志」
※歴史修正主義(日本軍「慰安婦」問題、南京虐殺事件)と極右勢力の動向に対し、昨年、5回のミニシンポと1回のデモを行い、今年以降も活動予定のグループです。
ツイッター; https://twitter.com/1945to2015

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般